【業務委託契約】客先常駐でタメ口を利かれる【不満と怒り】

「業務委託契約で客先常駐をしているけど、客先でタメ口で話される…」

「いきなりタメ口で話すのは失礼じゃない…?

タメ口で話すのは気持ち的に一線を超えないとしないことですよね…!どういう心理なの?!

 

この記事は以下の内容とまとめています。

  • 業務委託契約で客先常駐しているけどタメ口は普通?
  • 客先常駐でタメ口を利かれるのは普通ではない理由
  • 相手を尊重せず契約する企業と仕事をしても幸せになれない
  • できるだけ早く契約先を変えてお互いを認め合える相手と働くべき

 

業務委託契約で客先常駐をしていても、あくまで「会社」対「会社」の関係です。

対等の関係でいきなりタメ口は少し相手を馬鹿にしているとも言えます。

客先常駐でタメ口を利かれる状況について掘り下げて見ていきましょう!

業務委託契約で客先常駐しているけどタメ口は普通?

業務委託契約で客先常駐をしているとき、いきなりタメ口で話してくる人がいますが少し無礼のように感じます。

客先だからタメ口でも仕方ないと思う方もいるかもしれません。

しかしタメ口で話すことは普通なのでしょうか?

客先常駐をしているからといっても客先に入社したわけではありません。

モヤモヤとする疑問について詳しく確認していきましょう。

どんな立場であろうと、いきなり仕事でタメ口を利かれるのに違和感を感じるのは当たり前ですよ!

客先常駐でタメ口を利かれるのは普通ではない3つの理由

客先常駐でタメ口を利かれるのは普通ではない理由について3つにまとめました。

1. 業務委託契約で客先常駐をしていても立場は対等であるべき

業務委託契約で客先常駐をしていてタメ口を利かれるのは普通だと言えません。

理由としては業務委託契約で客先常駐をしている限り他社関係であり対等の立場であるからです。

立場の上下関係ができたわけではありません。

契約上、他社関係であり対等な立場であるのに、いきなりタメ口を使うのは契約上、立場上相手を対等、もしくは見下していない限りあり得ないことです。

もしあなたがタメ口を利かれて疑問や違和感を感じていれば、それは当たり前の感情です。

2. 仕事上、相手を尊敬していたらタメ口は利かない

上記で業務委託契約上、対等の関係であるとお伝えしました。

その上で、仕事ではお互い助け合うものです。

迷惑をかけることもあれば、迷惑をかけられることもあり持ちつ持たれつの関係です。

相手に助けてもらうこともあり尊重をしていればタメ口を使うことはありえません。

相手を軽く見ており上手に使って助けてもらおうというような卑下した考え方でなければ、タメ口で雑な言葉で相手を会話をすることはありません。

もしタメ口を利かれて疑問や違和感を感じていれば、このような心理が働いているからだと言えます。

3. そもそも相手に配慮ができない人

業務委託契約で客先常駐をして働きたいという方はどちらかというと少数派かと思います。

客先で働くと監視されているようで肩身も狭く、できれば自宅や自社など客先以外の場所で働きたいと思っている方が大多数です。

このような状況で客先常駐をする人の心理を配慮していないからこそ、タメ口を使えるのだと考えることができます。

常駐先企業の人は良心で場所も提供してあげているんだという上から目線でいる人もいるのが若干怖いところです。

このような人をいきなり目の当たりにして違和感を感じるのは当たり前の心理です。

相手を尊重せず契約する企業と仕事をしても幸せになれない

上記章に記載したとおり相手のことを尊重せず、いきなりタメ口を利いてくる企業の人と仕事をして楽しく仕事ができるでしょうか?

相手を対等もしくは、それ以下と見ているからこそタメ口を使ってくる相手と仕事をしても常にストレスが溜まります。

常にストレスがある環境で働くことは健康的にも不調をきたしかねません。

そのような状況でいい仕事ができるわけがありません。

技術者としてもスキルアップスピードも落ち、プラスに働く要素が少なく更に日々のストレスが増えるばかりでお金を稼ぐために働いているのもののマイナス要素が大きすぎます。

人生の大半の仕事の時間がこれでは生き地獄ですね。

できるだけ早く契約先を変えてお互いを認め合える相手と働くべき

このように業務委託契約で客先常駐をしている最中、タメ口を使ってくる相手といい関係は築ける見込みがないことはわかりました。

耐えていい関係を築こうと頑張っても相手が自分より下に見ている場合は頑張っても難しい場合が多いです。

できるだけ早くその企業との客先常駐をやめて他の企業を探すよう動いていきましょう。

1. 会社員の場合

今の客先常駐を辞める場合、かつ会社員として今後も働いていきたい場合は2つ選択肢があると思います。

  1. 今の会社で職場を変更してもらう。
  2. 安定して働ける企業に転職する。

今の会社で常駐先を変えるとしても自分で企業を選ぶことができない場合は同じことになるケースもあり、できれば転職をおすすめします。

業績が良い企業やビジネスモデルが受託開発などではなく自社開発でしっかり利益を出している企業は仕事の内容にもゆとりがあり社員スキルレベルも高く人間関係にもゆとりがあります。

そのような企業で働くことで人間関係の不満もなくしていくことができます。

【IT業界に強い転職エージェント】

企業のビジネスモデルなどもしっかり見て企業選びすることは大切ですね!

2. フリーランスの場合

次にフリーランスで働くという方法もあります。

フリーランスで働くことで客先常駐はするけど、企業先を自分で選択することができます。

就業先企業から指定された企業へ常駐すると自分の選択権限はありませんがフリーランスになると自分で企業を選択できるため顔合わせをした際に違和感を感じたらすぐ断ることが可能です。

実際に企業体質が合わないからということで短い場合は数週間、数ヶ月で次の契約先に移る方も少なくありません。

その際抑えておきたいのが、仕事と仕事の間に無収入の期間ができる可能性があるため、できるだけ高単価の案件を取ることをおすすめします。

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

フリーランスは自由度が高いのでいいですね!

【まとめ】業務委託契約で客先常駐をしてタメ口はあり得ない

最後にまとめに入りましょう。

\対会社の関係でタメ口は常識はずれであり得ない!/

【客先常駐でタメ口を利かれるのは普通ではない理由】

  • 業務委託契約で客先常駐をしていても立場は対等であるべき
  • 仕事上、相手を尊敬していたらタメ口は利かない
  • そもそも相手に配慮ができない人

 

【IT業界に強い転職エージェント】

 

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA