【我慢の限界】プログラマーやってるけど給料安くてやる気がでない【素直に生きる】

「プログラマーをやっているけど残業が多い割に給料も安くて、もう疲れた…」

「給料が安すぎてプライベートは我慢ばかりで疲れた…

給料が安いとプライベートの自由も制限されて仕事のモチベーションも下がってしまいますよね!

 

この記事は以下の内容とまとめています。

  • プログラマーをしてるけど給料が安くてやる気が出ないあなたへ
  • やる気が無くなるような安い給料の仕事は辞めたほうがいい理由
  • 給料が安い。でも今の職場を辞める勇気がないときに考えるべきこと
  • 転職するのが不安でも転職活動をしたほうがいい理由
  • 転職エージェントに現状の不満と希望条件を伝えて可能性を見つけよう!
  • 転職エージェントに登録すると転職をしないといけないか不安なあなたへ
  • 給料に不満がある場合は信頼できる企業をじっくり見つけていくことが大切

 

給料が安く食事や趣味などが制限されるとストレスも溜まりやすい環境ができてしまいます。

金銭的な我慢を続けていくのは非常に体力が要りますし環境を変えることですぐ解決します。

もっと働きがいがある職場をどうすれば見つけることができるかチェックしていきましょう!

目次

プログラマーをしてるけど給料が安くてやる気が出ないあなたへ

プログラマーをしているけど見込み残業や裁量労働制の導入で給料が安く設定されている企業も少なくありません。

給料は安いのに残業や飲み会も多く疲れてストレスが溜まった上、プライベートでストレス発散したいのにお金がなくて制限ばかりで更にストレスが溜まるという悪循環になってしまう方は結構多いです。

それでも「仕事だから頑張らないと」と努力をする方もいますが、負のループに入っているので本来使わなくていいエネルギーを消耗してしまいやる気も更に割かれてしまいます。

生活を充実させるために働いているのに金銭的な制限で毎日苦しい思いをすれば、やる気がでなくなるのも当たり前です。

無理して頑張らず、まずは自分の気持ちを素直に受け止めてあげましょう。

自分の気持ちは無理に抑え込む必要はないです。
自分には一番優しくしてあげましょう。

やる気が無くなるような安い給料の仕事は辞めたほうがいい6つの理由

やる気が無くなるような安い給料の仕事は辞めたほうがいい理由について6つにまとめました。

1. 同じ企業にいる限り給料は大きく増えない

仕事を辞めたほうがいい一番の理由は「同じ企業にいる限り給料は大きく増えない」ということです。

今いる企業の利益の出し方、給与形態はすぐに大きく変わることはありません。

また努力をして昇給をしたとしても上限は見えていると思います。

同じ努力をするなら給料ベースの高い企業で働いたほうが断然にやる気も出てきます。

同じ努力としても「どの企業で努力をするか」というのは非常に大切になります。

企業選びはとても大切ですね!

2. ストレスにより体調を壊す

給料が安いとストレスがかかるタイミングが必然的に増えます。

お弁当を買うとき、コンビニでお菓子を買うとき、友だちと遊ぶ約束をするとき、趣味で満喫するときなどなど…。

どのタイミングでもお金があれば心配しなくていいことを心配する必要が出てしまいます。

このように生活の自由が制限をされることにより非常にストレスを感じ、自由に好きなことをするために働いている人にとっては大きなストレスとなります。

金銭的なストレス負荷に加え、仕事のストレスもあるため体調を壊すリスクが大きく上がります。

メンタルから体調を壊した場合、復帰に非常に時間を要するため転職をするにも影響が出てしまいます。

そのため早くに給料が安い企業は辞めることをおすすめします。

早いタイミングで転職活動など始めることが大切ね!

3. 満足な食事が取れず体調を壊す

給料が安いことにより食費を節約する方も少なくないと思います。

毎日牛丼、毎日お惣菜のセール品などなど…栄養バランスが崩れた食生活で添加物や化学調味料がたっぷりの食事を毎日取っていれば体調も徐々に壊れていきます。

事実として私も節約を重視した食事にした結果、栄養が足りておらず体調を壊し病院に行く頻度が増えた経験があります。

健康を害してまで働くのは本末転倒です。

健康に楽しく生きるために働くので満足な食事が取れない場合は早いタイミングで転職するなどをおすすめします。

健康な身体があるからこそ働けるので自分の体を大切にしましょう!

4. 交際費が足りず人間関係に制限ができる

給料が安いことにより交際費の捻出も厳しくなり人間関係も職場中心と限定的になってしまいます。

交際費が捻出できず人付き合いも減っていき孤独な状態になるのは精神的にも非常につらい状況です。

頑張って働いても孤独感を感じているとやる気も出なくなるのも当然です。

ただただ生きるためだけに働くのも虚しくなりますよね。

5. スキルアップなどのために自己投資ができない

プログラマーは常に勉強などが必要で本などを購入してスキルアップをしていきたい方も多いですよね。

ただ技術本は一冊2000〜3000円前後からのものが多く少し高い金額です。

それを捻出できずスキルアップできないとなると将来的にも収入アップの可能性も低くなってしまいます。

自己投資は将来的に更に収入アップにつなげるためにも非常に重要なポイントになります。

自己投資するお金が捻出できないような安い給料の場合は転職を考えていきましょう。

スキルアップなどの自己投資は将来のためにもとても大切なので安月給の場合は早く転職しましょう!

6. プライベートの時間を満喫できない

給料が安いと休日でも節約のことばかり考え、プライベートを満喫できなくなります。

休日もしっかりリフレッシュできなければ、平日頑張って働く意味も半減してしまいます。

休日の楽しみがあるから仕事も頑張れるという要素もあると思うのでプライベートが満喫できるかも仕事のモチベーションにも大きく関わるポイントになります。

モチベーションのコントロールのためにもプライベートが満喫できないほど給料が安い場合は転職を検討するべきです。

プライベートの時間も楽しめないと心が荒みますよね!

給料は安い。でも今の職場を辞める勇気がないときに考えるべき3つのこと

「給料が安い!」「安月給でやってられない!」と不満の声をよく耳にするものの、転職まで実行できる人は極少数のように感じます。

人は「現状維持バイアス」というものがあり現状を維持するという性質があるため変化があるものに抵抗を感じてしまうものです。

「転職したい、でも勇気がない」と思うあなたが考えるべきことを3つにまとめました。

1. 今の会社の給料で我慢を続けて働くメリットがあるか

まず1つ目は今の会社の給料で我慢を続けて働くメリットがあるかどうかです。

今の会社、今の給料で毎日安い給料で我慢を続けて働き3年後、5年後、どのような状況がイメージできるでしょうか?

もし飛躍的な改善が見込めず、現状維持しかイメージができない場合は早くに転職をするべきです。

将来的に良くなるイメージができないなら転職するしか改善の余地はないですね!

2. 現状維持バイアスにより過剰に不安を感じていないか

「現状維持バイアス」というものが人間には機能しています。

そのため現状からの変化を嫌う性質があり、将来のことには敏感に考えるようにできています。

今給料が安く不満があり転職後、給料が上がる可能性があっても今を選んでしまっている自分がいるのです。

将来的なことを考えると転職をしたほうが収入アップの確率はとても上がるのに現状維持バイアスの働きにより身動が取れない状況になってしまいます。

人間の思考の癖を理解し、しっかり判断をしていきましょう。

現状維持バイアスなど無意識な判断って怖いですね!

3. 転職後、給料が上がる可能性がどれほどあるか

今給料が安くて不満が大きいと思うのですが、転職をすることでどれほど給料が上がると見込めますか。

どうしても今の給料が全てのベースのように考えてしまいますが世の中にはまだ知らないほどの沢山の企業があります。

自分のスキルでいくらの給料が見込めるのか、わかると希望がもっと大きく持てますよね。

こんなときに便利に使えるのが転職エージェントです。

転職エージェントの登録をすることで転職は必須条件ではないのでまず相談だけして見込める年収などを確認してみることをおすすめします。

【IT業界に強い転職エージェント】

無料ですしエージェントに相談だけなら辞職するわけではないので収入面もノーリスクでできます!

転職するのが不安でも転職活動をしたほうがいい3つの理由

このブログを読まれている方は給料が安いけど転職することに不安を感じている方が多いと思います。

転職することが不安でも求人を見たり、相談だけしてみるなどの転職活動はできます。

チャンスがあれば、すぐ掴むことができるよう転職活動は少しずつ進めていくことをおすすめします。

転職活動をおすすめする理由を3つにまとめました。

1. 退職届を出さない限り今の仕事は続けることができる

転職活動をしたほうがいい理由の1つ目として転職活動をどれだけやっても今の仕事を辞めるリスクはゼロということです。

転職活動をして求人を探したからといって今の仕事を辞めさせられることはありません。

転職活動をすると転職完了まで走り続けないといけないイメージがありますが嫌になったら立ち止まればいいので心配無用です。

やりたいことをやりたいときにやって前進していきましょう。

安月給でやる気も出ないので無理に頑張る必要もありません!可能性を見つけましょう!

2. 自分の新しい可能性について知ることができる

転職エージェントサービスというのが無料で使うことができるのですが現状と将来の希望などを相談するとアドバイスなどを貰うことができます。

その中で自分の可能性などを発見することができます。

例えば組み込み系のプログラマーしかできないと思っていたけど実はIoTなどに活かすこともできWeb系に移れる可能性もできてきた。など時代の変化でニーズの幅も広がってきます。

転職エージェントは職種についての情報はたくさん持っているためより詳しい情報を聞くことができます。

無料サービスなので使えるものは使い倒していきましょう。

また転職エージェントへの相談は「転職すること」が必須条件ではないので安心してください。

高収入目指して気軽に相談してみましょう!

3. 費用0円で沢山の情報収集ができる

転職活動はWeb求人を見るのも、転職エージェントに相談するのも費用は0円で利用することができます。

給料が安くて悩んでいる方でも抵抗がなく取り組めることの1つです。

また転職活動をすることで高収入の企業が見つかれば更にラッキーですし将来の希望もあります。

素敵な企業と巡り会えるのは今持っているスキルも大切ですがタイミングも非常に重要です。

素敵な企業と巡り会えるようアンテナを常に貼っておきましょう。

毎週末30分求人を見る癖をつけるだけでもスタートするといいですよね!

【IT業界に強い転職エージェント】

転職エージェントに現状の不満と希望条件を伝えて可能性を見つけよう!

何から初めたらいいか迷っている方におすすめなのが転職エージェントの相談です。

 

エージェントへの相談をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 自分の口で言葉に出して話すことで気持ちの整理ができる。
  • 自分の知らない転職事情についても情報を知ることができる。
  • 思っていない得意分野や想定していない年収の希望などが見えてくる。
  • などなど…

 

一番の大きなメリットは給料が安くモチベーションが下がっていると足元が見えなくなってしまうことがあります。

そのため口で言葉に出して誰かに相談することはとても大切なことです。

ただ注意したいのが友人など話しやすい相手に相談するのは控えたいです。

思いつきの間違った情報を言われる可能性もあるため、プロに相談することをおすすめします。

まずは無料でプロの転職エージェントに相談をして気持ちの整理と社会の転職状況など市場の状況を確認すると将来の希望も見えて明るく毎日過ごすことができます。

【IT業界に強い転職エージェント】

まずは相談をして将来年収アップの希望を作るところがスタートですね!

転職エージェントに登録すると転職をしないといけないか不安なあなたへ

転職エージェントに登録をすると根掘り葉掘りいろいろ聞かれて、無理やり転職する流れにもっていかれるのではないかと不安に感じる方も少なくありません。

転職エージェントは企業から手数料をもらって人材を紹介しているということもあり、すぐ辞めるような人を転職させてもクレームになりかねません。

そのためしっかりと求人を選んで納得がいった上、転職してもらうように動いてくれる転職エージェントが大半なので安心してください。

 

一例ですが転職エージェントのレバテックキャリアに記載があったのでご紹介いたします。

Q.今すぐ転職したいわけではないのですが、相談だけでもいいですか?

ご利用いただけます。
転職するかどうか迷われている方の場合、まずはご経験やご希望をもとに、キャリアカウンセラーが今後のキャリアプランを一緒に考えさせていただきます。
また、「どのような求人があるのか情報収集したい」という方のご相談も承っておりますので、お気軽にご利用くださいませ。

引用:レバテック

情報収集をしたいという方でもOKなので安心して相談ができることがわかると思います。

無料サービスなので安心して使えるものは上手に利用していきましょう。

【IT業界に強い転職エージェント】

無料で使えるものは使っていきましょう!

給料に不満がある場合は信頼できる企業をじっくり見つけていくことが大切

給料が安くモチベーションが下がっているときは隣の芝は青く見えるもので求人を見るといち早く転職したくなってくると思います。

そんなとき、求人票には良いことばかりが書かれているので一旦立ち止まって深呼吸をしましょう。

今の不満が本当に解消されるか一つ一つ見ていきましょう。

見落としがちなポイントは給料が良くなったけど業務フローや仕事のやり方が合わないというケースもあります。

入社したら完全トップダウン経営で意見をいいづらい環境で形見が狭い…などということがないよう仕事のやり方まで含めて合っているか確認していきましょう。

 

例えば以下の内容はチェックしておくことをおすすめします。

  • 裁量労働制かどうか(裁量労働制の場合は正しく機能しているか)
  • 見込み残業になっていないか。
  • 残業代が何分毎で換算されるか。

プログラマーは残業は多少なりともあるのですが、どういう計算で残業代が出るのかが給料が安く悩んでいる方には多いなポイントになるともいます。

合わせてモチベーションを下げる点がないかじっくりと確認していきましょう。

【まとめ】給料が安くやる気の出ない仕事を続ける価値はない!

最後にまとめに入っていきましょう。

\現状維持では給料が上る可能性は低い!転職しよう!/

【やる気が無くなるような安い給料の仕事は辞めたほうがいい理由】

    • 同じ企業にいる限り給料は大きく増えない
    • ストレスにより体調を壊す
    • 満足な食事が取れず体調を壊す
    • 交際費が足りず人間関係に制限ができる
    • スキルアップなどのために自己投資ができない
    • プライベートの時間を満喫できない

 

【給料は安い。でも今の職場を辞める勇気がないときに考えるべきこと】

    • 今の会社の給料で我慢を続けて働くメリットがあるか
    • 現状維持バイアスにより過剰に不安を感じていないか
    • 転職後、給料が上がる可能性がどれほどあるか

 

【転職するのが不安でも転職活動をしたほうがいい理由】

    • 退職届を出さない限り今の仕事は続けることができる
    • 自分の新しい可能性について知ることができる
    • 費用0円で沢山の情報収集ができる

 

【IT業界に強い転職エージェント】

安い給料の会社は早めに辞めて給料が高い企業に転職して金銭的にもメンタル的にも満たされた生活ができるよう目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA