【プログラマー】客先常駐の環境変化に耐えられなくなったら【脱社畜環境】

「また常駐先が変わって職場環境が変わるのか…」

「また1から新しい職場で仕事を覚えるなんて環境変化に耐えられない…

環境の変化の負担は本当に大きいですよね!

 

この記事は以下の内容とまとめています。

  • 客先常駐の環境変化に耐えられないのは当たり前の心情
  • 客先常駐の環境変化に耐えられなくなった時の対処法
  • 対処療法をしてもいづれ限界が来る事実【休職する前に】
  • 環境変化に耐えられなくなった時にやるべき対策はたった1つ

 

環境の変化の負担は精神的にも体力的にも大きいです。

短いスパンで度重なると疲弊していくのも当たり前です。

負担のかからない環境を早く見つけてストレスから開放されましょう!

客先常駐の環境変化に耐えられないのは当たり前の心情

客先常駐の環境変化に耐えられなく人は少なくありません。

仕事を覚えて慣れてくるのに半年ほどはかかると思いますが、半年から一年で次の現場、また次の現場と繰り返していたら身も心も削れてきます。

1から人間関係を構築するためにヘコヘコして仕事を覚え、少しリラックスして仕事ができるようになったら、また次の現場へ行き1から人間関係を構築するためにヘコヘコして仕事を覚え言いたいことも言えず我慢し仕事を覚え…。

数回ならまだ耐えることはできると思います。

しかし、これが何年も続くと30歳、40歳、50歳…いつまでこれを繰り返すのかとグッタリとしてくるのも当たり前です。

環境変化に耐えられなくなるのは当たり前のことなので、これ以上我慢して負担をかけないでください。

今でさえ耐えられないと心から悲鳴を上げている中、これからもどんどんストレスと疲労は蓄積していく一方です。

早めに心の声を察知して少しでもいいので改善できるよう変化を付けていきましょう。

疲れている中、一気に行動を起こさなくても大丈夫です。

1日10分でも15分でもいいのでコツコツやれることからやっていきましょう。

客先常駐の環境変化に耐えられなくなった時の3つの対処と対策

このページに辿り着いたかたは
「耐えたほうがいいのはわかってるけど、耐えられない!今すぐなんとかしたい!」
と思っている方も少なくないと思います。

対処と対策について3つにまとめました。

1. 1日休む

対処療法にはなりますが1つ目は1日休むということです。

一番大切なのは今の体調です。

休職をするまで自分をボロボロにしてまで頑張って「もう頑張れない」と判断する人は多くいますがそこまですると次、転職するにしても行動に移せなくなります。

ボロボロになるまで頑張っても誰も褒めてはくれません。

まずは自分の体調を一番大切にすることを優先して1日休みましょう。

休んだ時間で環境の変化が少ない働き方や自分に合った働き方を考えてみるのも有効的な時間の使い方になります。

2. 貯金をできる限りする

環境の変化の精神的・体力的な負担は非常に大きいです。

プログラマーでも溜めてきた疲労が爆発するように突然休職する方も少なくありません。

このページにたどり着いたあなたも日々のストレスや疲労の蓄積を感じているのではないでしょうか。

その場合、すぐに転職や休みを取って体を休めたいとなったときに先立つものはお金です。

転職をするとしても転職活動のお金や転職後、次給料が入るまでの生活費などお金が必要になります。

また1ヶ月休みを取りたい、体を休めたいとなった場合もお金が必要になります。

休職してお金が支給されるというケースもありますが働いているように満額の支給はありません。

次の選択肢を少しでも減らさないためにも貯金をしておくことをおすすめします。

客先常駐のストレスで飲み会ばかり行っているなら貯金をしていきましょう!

3. 社内プログラマー・社内エンジニアに転職する

一番有効的な方法として転職するということです。

ポイントは社内開発に携われる企業に転職をしましょう。

ただし、受託案件中心の企業では社内を転々とする可能性もあるので自社サービスを持っている企業に転職することがおすすめです。

自社サービスであればそのサービスが無くならない限り仕事があるため安定して働くことができます。

 

注意したいポイントとして逆を言うと長く同じ仕事をする必要があるため慎重な企業選びが大切です。

転職エージェントを利用することで第三者のフィルターを入れることができ、より良い企業に出会うことができます。

客先常駐で自由が効かない中でも効率的な転職活動ができるため気になるエージェントをいくつか登録し対応が良いエージェントを利用することでより早く転職することができます。

【IT業界に強い転職エージェント】

メンタルがやられる前に早めに良い企業を探すことでより楽に仕事をすることができます!

対処療法をしてもいづれ限界が来る事実【休職する前に】

人間は「現状維持バイアス」というものがあり今の状態をできる限り維持しようとしてしまいます。

そのため客先常駐で環境が度々変わり負担が大きく疲労が重なっている状態としても頑張れるまでは頑張ろうとしてしまいます。

そして最終的にメンタル疾患にかかったりして休職したりする人も多いです。

このように「我慢」「耐える」という対処療法をしても疲労は蓄積され続けるため、いづれ限界が来てしまいます。

休職などをして病院に通い仕事も休んでしまっては頑張って働いて稼いだお金も時間も無駄になってしまいます。

ストレスや負荷で体調を壊して失うものは、キャリア、健康、お金、時間…とても多すぎて我慢をして頑張る意味はありません。

少しでもストレスが蓄積されていることがわかれば継続は厳しいため早めのタイミングで転職活動をして安定した仕事ができる企業探しを少しずつ進めていくことが最善の選択になります。

1日10分、1週間に1時間など少しでもいいので取り組む習慣で負担なく環境を変えていきましょう。

また転職エージェントを賢く利用し、企業選び、企業内部の情報、転職事情など聞き出し効率的に転職することをおすすめします。

客先の環境変化に耐えられなくなった時にやるべき対策はたった1つ

客先の環境変化に耐えられなくなったときにやるべき対策は1つしかありません。

環境変化が頻繁にない企業を見つけて転職をすることです。

客先常駐や受託開発をするスタイルで働く限り客先が変わるたびに常に環境の変化はあり、そのベースを変えることはできません。

ストレス発散をしてうまく仕事を継続しようとしても仕事を辞めるまでストレス発散をし続けるのも絶望的なことは容易に想像ができます。

転職をして環境を変える以外、選択肢はありません。

そして安定的に働ける企業がどこかは求人票を見るだけではわかりにくいのも事実です。

入社後、ひどい状況だったということになり、再度転職活動となっても精神状態も良くありません。

そのため企業情報に詳しい転職エージェントなどに相談しながら転職活動を進めるのが安全に転職活動を進めていけるポイントになります。

転職エージェントに警戒する意見もありますが自分が信頼できる人だけにお願いすればいいため、いくつかのエージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは過去転職者の実績などもあり過去の状況等も聞くことができるため、一人で転職活動をするより情報量も断然に多いため利用しておきたいサービスです。

【IT業界に強い転職エージェント】

求人票は良いことしか書いてないので一人で転職活動をするよりエージェントを利用したほうが安全です!

【まとめ】少しずつでもいいので客先常駐を辞めるために踏み出しましょう

最後にまとめに入ります。

客先常駐の環境変化は耐えても限界がいづれ来ることはわかってきたと思います。

\環境の変化が辛くなったら安定的に働ける企業に転職するしかない!/

【客先常駐の環境変化に耐えられないのは当たり前の心情】

    • 環境の変化は当たり前の精神的な負担になる

 

【客先常駐の環境変化に耐えられなくなった時の3つの対処と対策】

    • 1日休む
    • 貯金をできる限りする
    • 社内プログラマー・社内エンジニアに転職する

 

【対処療法をしてもいづれ限界が来る事実】

    • 現状維持バイアス
    • 小さな疲労の蓄積はいづれ大きな疲労になる

 

【客先の環境変化に耐えられなくなった時にやるべき対策はたった1つ】

    • 我慢をしてもいづれ耐えられなくなる
    • 環境の変化が少ない企業への転職をするしか方法がない

 

【IT業界に強い転職エージェント】

客先常駐の環境の変化はとても大きな精神的な負担になります。

仕事を辞めるまで何十年も常に環境が変わり人間関係、企業、仕事のやり方に適応していくのは負荷が大きすぎます。

安定して働くためにも上手な企業選びをしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA