【プログラマー】自由な時間がないし生きる意味がない【自分らしく生きよう】

プログラマーは自由な時間がない。生きる意味を感じない【心の警告音】

プログラマーは残業も多く仕事が終わって帰ったら寝るだけで好きなことをする時間もなく、生きる意味を見失いそうになる人も少なくありません。

この状態は精神的な負荷がかかっている状態でコツコツでも精神的な負荷を溜め続けて自分をごまかし続けると疾患になる可能性もあり元に戻すのに非常に苦労してしまいます。

自由な時間がなく生きる意味を感じないという生き苦しさを感じている状況を無視せず心の警告として気づいてあげましょう。

自分の気持ちに気づいて気持ちをまっすぐ受け入れることからスタートしていきましょう。

1日5分でもいいので静かな場所で自分の気持と向き合う時間を作るだけでも少しずつ変化していきますよ。

少しずつ意識するだけでも変化できるので5分だけでも時間を作って自分の気持ちを受け入れることからスタートしてみましょう!

まずは理想の未来を描こう!3つのポイント!

今、自由な時間がなくて生きる意味を感じないあなたへ。

もし全てが自由になったらどのような毎日を過ごしたいですか?

1週間だけの豪華な旅行ではなく何年も続けて生きていきたい未来について考えていきましょう。

理想の未来を描くためのポイントを3つにまとめました。

1. 【重要】どのような生き方をしたいか決める

住む場所、家の環境、朝昼晩の時間の使い方など、どのような場所でどのような生き方をしたいかイメージしてみましょう。

これだけでも今とのギャップを感じると思います。

それ以外にも、ただ現状から逃げたいだけでどうなりたいかイメージができていなかったと気づく方もいると思います。

具体的にどのような生き方をしたいかイメージできるだけで現状からの改善点を見出すことができます。

  • 仕事をスタートする時間は自由にしたい。
  • 1日何時間働くか縛られずに自由に働きたい。
  • 週半分以上、働きたくない。
  • 朝は好きなだけ寝たい。
  • などなど…

何も縛られずやりたいことをリスト化して具体化していきましょう。

自分の本当の気持ちに気づくことができますね!

2. どれだけの自由な時間が欲しいか決める

やりたいことをリスト化したいのですが具体的に決めておきたいポイントの1つとして「どれだけ自由な時間が欲しいか」決めていきましょう。

例えば「仕事から帰って2時間は趣味の時間に使いたい」場合、夕飯やお風呂の時間を考慮して帰宅後、4時間〜5時間の時間が必要になると思います。

睡眠時間も含めると12時間ほど起床するまでに必要。などと逆算をして必要な時間を考えていくと労働に費やせる時間が見えていきます。

今の段階では理想としてどれだけの時間が欲しいのか気持ちのままに書き出していきましょう。

自由な時間のために睡眠時間を削るのは絶対NG!

好きなことをするために睡眠時間を削る人も少なくありませんが睡眠時間を削ることは絶対にNGです。

 

理由として以下のとおりです。

  • 健康リスクが大きすぎる。
  • 幸福度が低下する。
  • ネガティブ思考になる。
  • などなど…

睡眠時間を削ることは思考にも大きく影響をするので絶対十分に確保して考えていきましょう。

ぐっすり寝て、しっかり楽しんで生活することが大切ですね。

3. どのような働き方をしたいか決める

最後にどのような働き方をしたいか決めていきましょう。

家で働きたい方もいれば、楽しい仲間と働きたいという方もいると思います。

もしくは旅行をしながらスキマ時間で働きたいという方もいると思います。

どのような働き方でお金を稼いでいきたいか、そしていくら稼ぎたいのかまで決めると尚いいです。

具体的に決めることでリモートワークOKの会社に勤めれば叶えられる、会社員は厳しいからフリーランスでやるしかない、など選択肢が決まってくるので次の一歩が踏み出しやすくなります。

ここまでイメージできると結構具体的な未来が描けたと思います!

プログラマーでも自由な時間を確保した働き方はある【3つのポイント】

今まで働いてきた環境を考えるとプログラマーはどうしても自由な時間は作りづらいと考えている方もいると思います。

プログラマーでも自由な時間を確保した働き方があります。

自由な時間を確保しながら働くためのポイントを3つにまとめました。

1. プログラマーは他業種に比べて時間の自由は多い

まず押さえておきたいことはプログラマーは他業種に比べて時間の自由はあるケースが多いということです。

客先常駐や受託案件の場合は契約先の顔色を伺いながらという技術以外の負荷が大きいため自由な時間がないと感じるケースはあるかもしれませんが何が何でも当日出勤しなければいけないというケースは納品日以外には少ないはずです。

営業職、販売職、医療関係などの仕事は対人の仕事のため時間の制限もあり時間の自由は少ないです。

そのような接客業に比べるとプログラマーの仕事は時間の自由度が大きいということになります。

契約先の顔色を伺うという技術以外の負荷がなくなればより働きやすい環境があることは明確です。

いい条件をしっかり選択すればプログラマーも働きやすいですね!

2. 残業が多い企業を避ける

残業が多くなりがちな企業を避けることも大きなポイントです。

まず四季報などで残業時間をチェックすることも大切です。

仕事量がコントロールしやすい仕事の仕方をしているかもポイントになります。

自社開発であれば利益額がどれほど出ているか、利益率が高いかも見極めるポイントになります。

利益率、利益額が共に高ければ経営的にも余力があり残業負荷をかけて仕事をする可能性は低いと想定できます。

また利益額、利益率が高くても、受託案件が多く納期は勝手に決められ残業せざるを得ないケースもあります。

プログラマーの仕事がどこから来ているか(自社か他社か)、四季報などの残業時間、利益率、利益額である程度想定ができ、選択するべき企業がみえてきます。

 

転職エージェントは各企業へ訪問し転職者の情報も持っているため有効な情報源になります。

良い企業がないかを転職エージェントに聞き、その企業について更に調べていくというのもおすすめです。

【IT業界に強い転職エージェント】

転職エージェントは無料ですが転職サポートが充実しているので利用したほうが断然楽に転職ができますよ!

 

非正規雇用の割合も大切

プログラマーはフリーランスなど非正規雇用で働く人も多いです。

企業での社員と非正規雇用の割合を見ていくのも大きな判断基準になります。

 

社員の割合が多ければビジネスとして安定している、企業も本気で取り組んでいるとわかりますし、非正規雇用が多い場合はその場しのぎで稼ごうとしている可能性も高いです。

いろいろな情報、数値から労働環境を見極めて自由な時間を作りやすい環境をゲットしていきましょう。

3. フリーランスになれば自分のペースで仕事ができる

週5日、8時間労働から開放されたい場合はフリーランスプログラマーになるとより自分のペースで仕事をすることができます。

空いた時間を使って別軸のビジネスを起こしたい方にはおすすめできる働き方です。

プログラマーよりも稼ぐことができるビジネスを構築できればより時間の自由を作ることができます。

またフリーランスという働き方で様々な人脈を広げることもできます。

もしやってみてフリーランスが合わない場合は会社員に戻ることも可能なので会社員の働き方で現状に不満がある場合は大きく変化をつけることができる働き方の一つです。

プログラマーの実績がある方はフリーランスエージェントを利用すると早くて1週間前後で仕事を獲得することもできるのでおすすめの方法の1つです。

 

まずフリーランス案件の仕事がどれだけあって、いくら稼ぐことができるか相談をしてみて判断してみることをおすすめします。

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

もし相談をして辞めるという場合でもしつこい電話勧誘などはないので心配はいりません。

時間確保のしやすさならフリーランスがNo1でおすすめです!

自分らしく生きるために今からできること【4つの方法】

自由な時間を持って自分らしく生きるために今からでもできることを4つにまとめました。

1. 【必須】どのような生き方をしたいか決める

上記章「まずは理想の未来を描こう!3つのポイント!」でも記載しているとおり、どのような生き方をしたいか具体的にイメージして決めていくことは必須条件です。

考えること、決めることで脳内にも思考が定着していきます。

紙とペンがあれば書き残すと更に思考が現実に変わりやすくなります。

モノゴトを決めるだけでも大きく進展していきますよ!

2. 【貯金の余裕がある人限定】まず仕事を辞める

貯金に余裕がある人は仕事を辞めるという方法もあります。

仕事を辞めることで1日フルで余暇ができるので実際過ごしてみてどれほど充実した時間が送れるのか体感で感じてみることができます。

想像することと実体験は大きく違うため、実際に体感で感じて考えることは大きなプラスになります。

注意点は貯金にある人だけにおすすめできる方法で貯金があってもギリギリな人には後々せっぱつまってしまい、いい選択ができなくなる可能性があるため貯金がギリギリな人、それ以下の人は辞めておきましょう。

今すぐ会社を辞めたい気持ちはわかりますがトータルのリスクとリターンで考えていきましょう!

3. 【一般的な自由な時間が欲しい人向け】転職活動をする

週2日の自由な時間が欲しい、週1日定時退社できる時間が欲しいなど週5日、8時間労働はOKな方に転職活動は今すぐできることとしておすすめです。

転職活動のメリットは希望の求人に出会える可能性があるものの、いつでも中断可能なので今の収入を得ながらノーリスクでできることです。

やっぱり今の環境がいいかもと思えば転職活動は辞めればいいですし、素敵な求人が見つかれば応募も可能です。

また様々な求人を見ることで今の立ち位置を把握することもできます。

最近ではリモートOKな企業やフレックスタイムで働くことができる企業も多くプライベートを優先して働ける環境がある企業が多いため一度求人などを見てみることをおすすめします。

以下のようなIT企業に強い転職エージェントに相談し、良い求人のみピックアップして見せてもらうことをおすすめします。

【IT業界に強い転職エージェント】

自分で求人を1つ1つ見て探すより転職エージェントに相談して求人を見せてもらうほうが時間短縮ができるので忙しい方にはおすすめの方法です!

4. 【自由な時間が沢山欲しい人向け】フリーランス案件を探す

週4日だけ働きたい、週3日だけ働きたい、1週間に30時間だけ働きたいなど会社員よりもっと自由度の高い働き方をしたい方にフリーランス案件を探してみることをおすすめします。

いきなりフリーランスになるということを決めるのはハードルが高すぎるため、どれほど稼ぐことができるのか、市場にどのようなニーズがあるのか知るために案件を探して「見る」というところからスタートすることをおすすめします。

もし思ったより高収入が見込めるようでしたらラッキーですし、想定より収入が低くなりそうなことがわかれば時間のやりくりなど見直すいいきっかけになります。

まずはフリーランスエージェントに案件を見せてもらうだけでOKです。

案件紹介があってもエントリーをしなければ契約など先に進むことがないので、まず案件を見せてもらうことから初めて見ると選択肢が増えていきます。

エージェントによっても強み弱みがあり紹介してもらえる案件数も変わってくるため複数社の登録することで効率的に案件を見ることができます。

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

最近は週3日、週4日の仕事も増えてきつつあるので自由度高く働くことができますね!

ツラいときこそ冷静になる時間を作ることは非常に大切【安易な退職は絶対NG】

自由な時間もなく現状がツラくなると「もう今すぐに仕事辞めてしまおうかな」と考えがよぎることはあると思います。

限界が来たからといって無計画に退職をすることは絶対におすすめしません。

すぐに退職をおすすめしない理由は次打つ手を考えずにすぐ辞めてしまうと、次の行動に制限ができてしまうからです。

例えば貯金が2ヶ月分の生活費しかない場合、それまで次の仕事などを決める必要が出てきます。

その場合の落とし穴が2ヶ月分の生活費があったとしても次の収入が入るのが働き始めて1ヶ月〜2ヶ月後という場合が多く実質1ヶ月も自由な時間を確保できる可能性が低いという点です。

せっかく自由な時間を作るために退職をしても次のやることに追われて自由を失ってしまいます。

また急いで転職先を決めた結果、転職に失敗した場合、貯金が尽きてなくなってしまうと次の一手を踏み出せなくなってしまいます。

仕事があって収入が定期的にあるときはお金があることが当たり前と考えがちですが会社員から一歩離れるとお金を稼ぐことは本当に難しいことです。

ツラいときは、何が何でも今すぐ退職したくなる気持ちもありますが冷静になって今後どのような状況になるのか考えて行動をしていきましょう。

【まとめ】自由で理想の生活に近づくために行動少しずつ行動していきましょう!

最後に働きながらも自由で理想的な生活に近づくためには少しずつ今すぐできることからでいいので行動をしていきましょう。

\心の警告音に気づいて少しずつ行動して自由をゲットしましょう!/

【まずは理想の未来を描こう!】

    • 【重要】どのような生き方をしたいか決める
    • どれだけの自由な時間が欲しいか決める
    • どのような働き方をしたいか決める

 

【プログラマーでも自由な時間を確保した働き方はある】

    • プログラマーは他業種に比べて時間の自由は多い
    • 残業が多い企業を避ける
    • フリーランスになれば自分のペースで仕事ができる

 

【自分らしく生きるために今からできること】

    • 【必須】どのような生き方をしたいか決める
    • 【貯金の余裕がある人限定】まず仕事を辞める
    • 【一般的な自由な時間が欲しい人向け】転職活動をする
    • 【自由な時間が沢山欲しい人向け】フリーランス案件を探す

 

【IT業界に強い転職エージェント】

 

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

理想の生活スタイルについて考えをまとめること、エージェントなど転職のプロに相談だけして現在の市場の状況をヒアリングすることで今の仕事を続けながらも理想の生活に近づけていくことができます。

お金を無駄に使うことなく効率的に前進できる方法なので少しでも心の警告音が聞こえたら1つだけでも試して一歩を踏み出した景色を感じてみて下さい。

いつもと違うことを1つするだけで自由が沢山あることに気づけますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA