【なぜ?!】プログラマは隣の人とチャットで会話する【4つの原因と特徴】

「プログラマの仕事をしているけど周りの人はみんなチャットで会話してる…これって普通なの?」

「職場ではみんな常にチャットで会話していて、物音が響くほどシーンと静か…静かすぎてストレスが溜まる」

隣の人とでもチャットするような職場環境っておかしくない?!

 

この記事は以下の内容とまとめています。

  • 隣の人とチャットで会話をするプログラマは多い
  • 隣の人とチャットで会話をする職場の原因と特徴
  • どんな理由でも隣の人とチャットで会話をする職場環境は異常
  • 隣の人とチャットしてもOKなパターン
  • 会話がないのは異常!会話が多い職場は人間関係もオープンで楽しい!

隣の人ともチャットで話して職場環境に異常を感じている方へ。

どう捉えてどう変えていくべきか一緒に考えをまとめていきましょう!

心地よい職場環境にするためにチャットで会話する職場環境の原因などをチェックしていきましょう!

隣の人とチャットで会話をするプログラマは多い

隣の人とチャットで会社をするプログラマは多いです。

隣の席の人とチャットで話すことに違和感を覚える人は少なくないです。

通常、隣に人がいれば直接口頭で話をします。

なので正常違和感をおぼえることはおかしくないです。

また普通にコミュニケーションが取れない職場は息苦しくも感じます。

隣の席の人とでもチャットで会話をする原因や特徴について紐解いていきましょう。

隣の人とチャットで会話をする職場の4つの原因と特徴

隣の人とチャットで会話をする職場の原因と特徴について4つにまとめました。

あなたの職場にも一致するでしょうか。チェックしていきましょう。

1. 雇用形態が多種多様のため本音で会話ができない環境

プログラマの職場には雇用形態が様々な人が多く働いていることが多いです。

例えば業務委託契約をして客先常駐をしているケースです。

もし会話をする中で客先に不信感を感じさせたりすると契約に関わってくる可能性もあります。そのため極力会話を聞かれたくないと思う人もいます。

また客先常駐をしており自分の会社の事情など聞こえると都合が悪くチャットで会話をするということもあります。

プログラマは雇用形態が正社員、派遣社員、業務委託(客先常駐)、請負、アルバイトなどなど…多種多様なため何でも話しやすい環境ではないため隣の人とでもチャットで話す風習が根付きやすい環境ではあります。

エンジニアは雇用形態が複雑というのがチャットで会話する理由の1つでもあるのね!

2. モチベーションが上がらない職場環境

仕事のモチベーションが上がらず周りの人と雑談のためチャットを利用している人も少なくありません。

上司と方向性が合わず同僚と愚痴・不満をチャットで話す人もいます。

周りの人に話が聞こえるとまずいため、仲いい人同士だけでチャットをする状況になります。

上司に聞かれたくないことが多いとどうしてもチャットメインで会話をしてしまうようですね!

3. 本音で話せない上っ面だけの人間関係

職場の人間関係が良くないと仲がいい人同士だけで話がしたいためチャットでのやり取りがメインになります。

例えば職場のちょっとした話題や趣味の話、悩みなどなど。

周りの人の耳に入ると噂話になったり面倒なことになるので隣の人とでもチャットで静かに会話をするような職場は少なくありません。

良好な人間関係が構築できていないとチャットで隣の人とでもチャットで会話をするようになり静かな職場が出来上がります。

良好な人間関係がある職場かは会話の量で判断ができますね!

4. 会話を聞かれると弱点を知られそうで自分に自信がない人

弱みを知られると「仕事ができない」と判断されるのが怖くなって発言を控える人も少なくありません。

自分が仕事ができないと思われたくないために隣の人でも周りにばれないようチャットで質問をしたりするケースもあります。

人の弱みについて認めない職場の風潮も良くありませんが自分のスキルをさらけ出す自信がない人もチャットで会話をする傾向があります。

どちらにしても環境が良くない可能性があるので注意が必要です。

安心して会話できる環境がないとチャットで会話をするという結果になりますね!

どんな理由でも隣の人とチャットで会話をする職場環境は異常

上記章で隣の人とチャットをする環境の特徴について見てきましたが、どのようなケースも職場環境は良いとは言えません。

人間関係がよく、上司・同僚隔たりなく楽しくコミュニケーションが取れる職場であればチャットで会話せず普通に口頭でコミュニケーションを取ることは容易に想像ができると思います。

「プログラマだからチャットで会話するものなんだ」と思い込まず、仕事をする上ではどのような職種でも口頭で気軽に会話ができることが大前提になります。

隣の人とでもチャットで会話をするような職場はなにかを隠す必要があったり、知られたくないことがあったり複雑な人間関係がある事が多く楽しく仕事ができない可能性が高いです。

もし、環境に違和感を感じていればあなたの感覚は正常です。

あなたの感覚は正常です!無理に慣れようとする必要はありません!

隣の人とチャットしてもOKな3つのパターン

隣の人とチャットすることは良くない状況としても仕事上ゼロにはできないと思います。

隣の人とチャットしても正常だと判断できるケースもあるため3つのパターンにまとめました。

1. 仕事内容の記録を残すためにチャットで会話する

プログラマは仕事内容も複雑なためエラーログなどの記録を残すためにチャットで会話をすることがあります。

仕様確定のための経緯など、記録に残すためにチャットで会話をすることはOKなパターンとしてあげられます。

会話したことを忘れないためにも上手にチャットを活用するのは良いことです。

記録を残すためのツールとしてチャットを活用するのはいいことですね!

2. 資料のやり取りをするためにチャットで会話する

上記章と類似していますが仕様書のやり取りや資料のやり取りをする場合はチャットを活用すると記録として残るため、この場合チャットを利用することはOKなパターンとしてあげられます。

資料ファイルのやり取りなどSlackなどのチャットツールを利用するととても便利に仕事のやり取りをすることができます。

ファイルのやり取りにもチャットツールはとても便利ですね!

3. 不在時に備忘録としてチャットを利用する

連絡をしたい相手が不在の場合などチャットツールを利用し備忘録という意味も兼ねて相手に連絡をしておくことにチャットを利用するのはOKなパターンです。

体調不良で相手が休んでいる際は相手に通知が行かないよう工夫して連絡する必要はありますが連絡内容を忘れないためにも上手に活用していきましょう。

連携を忘れないためにも備忘録としてチャットツールを活用するのはいい方法ですね!

チャットは仕事の効率化をするためにだけ活用するべき!

チャットツールを使うのがすべてNGではありません。

無駄な雑談や人間関係が悪化するような使い方は良くありません。

ただ仕事の効率化に役立つ場合はチャットツールをどんどん活用していきましょう。

仕事の会話や資料の記録を残すにはとても便利なツールです。

チャットツールは仕事の効率化ができるケースに上手に活用していきましょう。

仕事の効率化ができるかでチャットツールを使うか判断するべきですね!

みんなチャットで会話して息苦しいなら我慢する必要はゼロ!職場を変えるべき!

チャットツールの良い使い方、悪い使い方がわかったとしても隣の人とチャットで会話して静かな職場に違和感を感じることは変わりありません。

隣の人とチャットではなく口頭で普通に会話がある職場は雰囲気もよく人間関係が良好なことも間違いありません。

少しでも今の職場に違和感を感じて居づらいと感じているのであれば転職などで職場環境を変えるよう動いていきましょう。

コミュニケーションを取る場合すべてをチャットツールに頼るような職場はコミュニケーションコストがかかりすぎて仕事も効率的ではなくスキルアップにも影響がでてきます。

コミュニケーションもオープンでいい情報が自然と耳に入ってくる職場でお金を稼ぎながらスキルアップし成長していくことがプログラマにとって幸せな選択肢です。

職場を変えるのは勇気のいる行動なので少しずつ負担のないとところから、見ていくことがおすすめです。

転職エージェントは企業訪問し職場環境を見せてもらっていたりするため転職エージェントに相談してみることもおすすめの方法の1つです。

【IT業界に強い転職エージェント】

 

1つの職場に限らず、いろいろな職場を見てみたい方で数年以上プログラマの経験がある方はフリーランス案件をすることも可能です。

就職に不安を感じている方はフリーランスを検討することもおすすめします。

【高額案件が多いフリーランスエージェント】

もし迷ったら転職エージェント、フリーランスエージェント両方に話を聞いてみると選びやすくなります!

【まとめ】異常な職場とはさよなら!職場を変えて笑顔で仕事をしましょう!

最後に隣の人ともチャットで話す職場についてまとめていきます。

\隣の人とチャットで会話は異常です!職場を変えると人生が変わる!/

【隣の人とチャットで会話をする職場の原因と特徴】

    • 雇用形態が多種多様のため本音で会話ができない環境
    • モチベーションが上がらない職場環境
    • 本音で話せない上っ面だけの人間関係
    • 会話を聞かれると弱点を知られそうで自分に自信がない人
    • どんな理由でも隣の人とチャットで会話をする職場環境は異常

 

【隣の人とチャットしてもOKなパターン】

    • 仕事内容の記録を残すためにチャットで会話する
    • 資料のやり取りをするためにチャットで会話する
    • 不在時に備忘録としてチャットを利用する
    • チャットは仕事の効率化をするためにだけ活用するべき
    • みんなチャットで会話して息苦しいなら我慢する必要はゼロ!職場を変えるべき!

 

【IT業界に強い転職エージェント】

 

【高額案件が多いフリーランスエージェント】