【心配】ボーナスを貰って転職していいの?【不安になる必要ナシの理由】

転職をするならボーナスを貰って転職をしたいけど退職届を出すときゴタゴタしないか心配。

ボーナスを貰って退職するとネチネチ言われないか不安。

ボーナス支給時期と退職時期のタイミングの調整はとても悩むポイントは多いですよね。

ボーナスを貰って安心して転職する方法を教えて!

 

この記事は以下の内容とまとめています。

  • ボーナスを貰って転職するべき理由
  • ボーナスを貰って転職するタイミングとメリット・デメリット
  • ボーナスを貰って退職する勇気がない人のためのおすすめの方法

ボーナスは貰って転職するのが鉄則です!

今まで一生懸命働いてきた企業だからこそ貰えるものはしっかり報酬としてもらいましょう!

ボーナスをしっかり貰って転職するようにしましょう!

ボーナスを貰って転職をしていいか不安な方へ

転職をするとき、できるのであればボーナスを貰って転職をしたいですよね。

稼ぐことが厳しくなってきている昨今、少しでも損をしたくないと思うのは当たり前だと思います。

それでも、退職届を出す際に上司からネチネチと言われるのではないかなどと不安に思う方も少なくありません。

ボーナスを貰って転職をしていいか不安に感じて悩んでしまい行動に移せない方に向けて「行動を起こすためのヒント」をまとめました。

転職へ向けて小さな一歩でも良いので踏み出せるきっかけになれば嬉しいです。

情報整理をしていけば怖くありません!解決していきましょう!

ボーナスを貰って転職をするべき4つの理由

ボーナスを貰って転職をするべき4つの理由についてチェックしていきましょう。

この4つの理由がわかるとボーナスを貰って転職をする勇気も湧いてくると思います。

1. ボーナスはあなたの業績結果なので貰ってOK

知っている方がほとんどかと思いますがボーナスの支給額は前回のボーナス支給日〜次のボーナス支給日までの業績から算出されます。

算出されたボーナス支給額はあなたの過去の労働実績の結果です。

給料で支給されてもおかしくない金額をボーナスをして受け取るので転職するからといって遠慮する必要はありません。

しっかりと働いて実績を出した分は貰うようにしましょう。

働いた分はしっかりお金として支給してもらいましょう!

2. 万が一、転職に失敗したときの再転職費用に当てることができる

転職をするとき転職先企業が思っていた通りの企業とは限りません。

  • 入社後、聞いていた仕事と全く違った。
  • 入社後、人間関係が合わなかった。
  • 入社後、給与改定をされて手取り収入が減った。
  • 職場環境が体に合わず喘息など体調を壊した。
  • などなど。

上記のような場合で再転職が必要になった場合、転職資金が必要になります。

万が一の再転職資金のためにもボーナスは貰っておくことをおすすめします。

お金は欲しいと思ったタイミングですぐに手に入るものではありません。

備えておくことが大切ですね!

3. ボーナス支給日で退職者は増える分、求人募集も増える

ボーナス支給日のタイミングで退職を考える人は少なくありません。

ボーナス支給のタイミングで人の空きができるため求人を出す企業も必然的に増えます。

これにより転職する方も転職がしやすいタイミングでもあります。

ボーナス支給時期は退職にも転職にも良いタイミングですね!

4. 転職後、入社すぐはボーナスの支給額は少ない場合が多い

入社後、1回目のボーナスは支給がなかったり減額されて支給されたりと十分にもらえないことが多いです。

そのためボーナスは今在籍している企業でフル支給されるうちに貰っておくことをおすすめします。

転職前にボーナス計算の仕組みは転職先企業にしっかり確認しておくと安心ですね!

ボーナスを貰って転職をする2つのタイミング【メリット・デメリット】

ボーナスを貰って転職をする2つのタイミングとメリット・デメリットをまとめました。

1. ボーナス支給前に退職届を出す

1つ目はボーナス支給前に退職届を出す方法です。

ボーナス支給前に退職届を出すメリットはボーナスを貰って早いタイミングで退職して次の職場へ移ることができるので効率的に時間を使うことができます。

次の会社へ早いタイミングで入社できれば次の会社でもボーナスを満額もらえる日も早くなります。

時間もお金も上手に使えるのがボーナス支給前に退職届を出す方法です。

デメリットはボーナス査定前などに退職の話をしてしまうとボーナスを減額されてしまう可能性があります。

時間は資産です。効率的に時間を使えるだけでも大きなメリットです!

2. ボーナス支給後に退職届を出す

2つ目はボーナス支給後に退職届を出す方法です。

ボーナス支給後に退職届を出すメリットはボーナス査定のタイミングなど気にせず支給を待ってゆっくりと退職届を出すことができます。

退職届を出すことにより査定が下がりボーナスが減額されるリスクも下がります。

デメリットは転職を決意していたのにも関わらずボーナス支給があるとメンタル的に気持ちがぶれてしまう可能性があり悩んでいると次のボーナスのタイミングまで続けてしまうこともありズルズルと無駄に時間を使ってしまう可能性があります。

会社の労働規約もチェックしよう!

勤めている会社の規約に最低何日前までに退職届を出す必要があるか明記されていると思います。

トラブルが起きないよう事前にチェックをしておきましょう。

どちらの方法がおすすめ?

どのタイミングで退職届を出すのがいいか悩むかと思います。

転職を検討している方はすでに今の企業に不満があったり、次にやりたい仕事などのイメージが付いているからだと思います。

そのため今の企業で長く働くメリットは大きくないはずです。

次にやりたいことが決まっているのであればいち早く動いて自分のプラスになる行動に移すことが自分への大きなプラスになります。

可能であれば1のボーナス支給日までに退職届を出して有効的に時間を使っていくことをおすすめします。

 

2の方法と迷う方は下の章も参考に検討してみてください!

ボーナス支給日後、2ヶ月以内に退職がおすすめ【スピード重視な理由】

上記章で退職届をボーナス支給前かボーナス支給後の2通りを挙げたのですが、どちがらいいか迷っている方も多いと思います。

無事転職ができ希望の道に進むことが1番の目標です。

目標がぶれないためにもおすすめはボーナス支給日から2ヶ月以内に退職・転職することをおすすめします。

2ヶ月以内という理由はそれ以上経過すると次のボーナスの話が視野に入ってくるため気持ち的にぶれてしまいがちになってしまいます。

次のボーナスの話が少しでも出てくる前に退職届を出して次の未来へのステップへ踏み出すようにしていきましょう。

退職タイミングはどちらのタイミングでもOK!

リミットだけは決めておきましょう!

退職する勇気がない場合は退職代行サービスが便利

「やっぱりボーナスを貰って退職するというのは気が引ける。」

「上司や同僚に話が広がってなんと言われるかわからない。」

と不安になる方もいると思います。

その場合は退職代行サービスを利用して退職をする方法もあります。

退職代行サービスを利用することで確実に退職ができます。

また、退職代行に加え転職サポートをやっているサービスもあり転職成功するとキャッシュバックなどもあるので安心です。

次にやりたい仕事が決まっているなら時間は無駄に使いたくないので、相談は無料でできるので気軽に連絡してみるのもおすすめです。

やりたいことがあるのに次のステップへ踏み出せないのは本当に時間がもったいないので少しでも動いていきましょう!

\キャッシュバックあり/
退職代行EXITを見てみる

【まとめ】ボーナスは貰って転職するのが最高のタイミング!

最後にボーナスを貰って転職をしていいのかまとめていきましょう!

\ボーナスを貰って転職して大丈夫?そんな不安は不要です!/

【ボーナスを貰って転職をするべき理由】

    • ボーナスはあなたの業績結果なので貰ってOK
    • 万が一、転職に失敗したときの再転職費用に当てることができる
    • ボーナス支給日で退職者は増える分、求人募集も増える
    • 転職後、入社すぐはボーナスの支給額は少ない場合が多い

 

【ボーナスを貰って転職をするタイミング】

    • ボーナス支給前に退職届を出す
    • ボーナス支給後に退職届を出す

 

【タイミングを迷う場合は】

    • ボーナス支給日後、2ヶ月以内に退職がおすすめ
    • 退職する勇気がない場合は退職代行サービスが便利

やりたい仕事が決まったらスムーズに次の企業に行けるよう前進していきましょう!