【現役エンジニアが選定】フリーランスエージェントおすすめTOP3

フリーランスエージェントを使いたいけど中小企業、大企業含めたくさんあってどれをつかっていいかわからないですよね。

 

この記事は以下のようなお悩みをお持ちの方の解決に役立ちます。

  • フリーランスエージェントどこが安心して利用できるかわからない
  • フリーランスエージェントどこが高単価がわからない
  • フリーランスエージェントどのような働き方ができるかわからない
  • などなど・・

フリーランスエージェントを利用するにあたって単価、サービスなど安心して利用したい方へ。

安心してしっかりと稼いでいくためにフリーランスエージェントについてまとめました!

現役エンジニアがフリーランスエージェントを利用してみました

フリーランスになり約5年。

フリーランスエージェントを何社も登録し利用してみた結果、よかったところをTOP3にまとめました。

フリーランスエージェントでいいところがあるかと探している方のご参考に慣れば幸いです。

おすすめのフリーランスエージェントの働き方【3つのポイント】

フリーランスエージェントを利用した際の働き方についてご紹介いたします。

おすすめのフリーランスエージェント【働き方1】業務委託契約

フリーランスエージェントの多くの案件は業務委託契約になります。

業務委託契約のメリットは以下のとおりです。

  • 得意とする業務のみを専門として行なえる
  • 価値が高い業務を行える実力があれば高収入に繋がる
  • 契約に基づいた業務を完了すればよい
  • 業務の進め方、どこで行うか、いつ行うかの裁量がある
  • 依頼業務を断ることが可能

引用:リクナビ

請負契約などになるとシステムを作り納品後にバグが出た場合、無償で対応が必要になったりします。

無償で対応が必要などリスクを考えるとフリーランスにとっては収入のコントロールが難しくなります。

資金的にもフリーランスは個人1人のパワーしかないので請負でリスクを追うよりも業務委託契約で業務をこなす方が稼ぎ方としては安定して有利に進みます。

おすすめのフリーランスエージェント【働き方2】客先常駐

フリーランスエージェントが扱っている案件の多くは客先常駐の案件です。

客先常駐は人間関係が大変などデメリットが多くネット上では出ていますが客先常駐で仕事をすることで仕様の話がスムーズにできるなどメリットもあります。

客先常駐で直接話しができることで仕事のスピード感も上がり、結果個人評価にも繋がり長期契約&収入安定に繋がります。

作業スピードなどトータルで考えると客先常駐もメリットがありますね。

おすすめのフリーランスエージェント【働き方3】週3日、4日〜OK

フリーランスエージェントが扱っている案件には週3日、週4日の案件もあります。

フリーランスエージェントが扱っている案件のメインは週5日の案件のため週3日、週4日は競争率が高くなるので希望があれば早めに伝えておきましょう。

週3日、週4日で働ければ他の日をスキルアップや個人開発の時間に当てることができ別の収入源を作ることができますね。

フリーランスエージェントのおすすめTOP3【現役エンジニアが選定】

私は現役のフリーランスエンジニアをしているのですが実際使ったフリーランスエージェントの中でのおすすめをご紹介いたします。

フリーランスエージェント【おすすめ1】レバテック

レバテックでは大手企業案件、高額案件を多数に扱っています。

契約前、契約後共に対応も丁寧で安心して依頼ができるフリーランスエージェントです。

レバテックの評価
案件単価
(4.5)
エージェントの対応
(5.0)
対応スピード
(5.0)
福利厚生
(3.0)
書類作成代行
(3.5)
総合評価
(4.5)

レバテックの詳細はこちら   レバテックの登録はこちら

フリーランスエージェント【おすすめ2】ギークス

ギークスでは大手企業案件、高額案件を多数に扱っており週4日勤務が可能な案件も扱っています。

案件契約までとてもスピーディに対応してもらえるフリーランスエージェントです。

ギークスの評価
案件単価
(4.0)
エージェントの対応
(3.5)
対応スピード
(5.0)
福利厚生
(3.0)
書類作成代行
(4.0)
総合評価
(4.0)

ギークスの詳細はこちら   ギークスの登録はこちら

フリーランスエージェント【おすすめ3】midworks

midworksは週3日〜の案件など柔軟な働き方に対応しています。

midworksの一番の魅力は給与保証などのサービスがあるので安心して働くことができるフリーランスエージェントです。

midworksの評価
案件単価
(3.5)
エージェントの対応
(3.5)
対応スピード
(4.0)
福利厚生
(5.0)
書類作成代行
(4.0)
総合評価
(3.5)

midworksの詳細はこちら   midworksの登録はこちら

フリーランスエージェントのおすすめ3つの利用方法

フリーランスエージェントを利用するにあたっておすすめの使い方を3つのポイントにまとめました。

フリーランスエージェントおすすめ【利用方法1】単価の妥協はNG

フリーランスエージェントを利用する際に希望の単価を提示するのですが金額は妥協しないようにしましょう。

金額を妥協することにより業務に入るとモチベーションが下がったりする原因にもなります。

単価を下げれば案件は決まりやすくなりますがモチベーションを維持が難しくなるため自分で決めた単価からは下げないようにしましょう。

フリーランスエージェントおすすめ【利用方法2】複数社登録は必須

フリーランスにとってフリーランスエージェント複数社の登録は必須です。

フリーランスエージェントを利用するとA社では60万、B社では70万の案件を提示された場合、A社へB社の単価を伝えると更に単価を上げてくるケースがあります。

複数社を登録し単価を上げることができるよう比較して利用するのが一般的です。

エージェントに単価を下げるよう言われた場合の対処法

とあるエージェントに単価を下げるよう言われた場合は他エージェントに相談をしいくらまで単価が行けるか交渉をしてみましょう。

もっと高額に出してくれるエージェントがあればそちらを利用するようにしていきましょう。

フリーランスエージェントおすすめ【利用方法3】福利厚生サービスなどを活用

フリーランスエージェントに登録をすると映画館や娯楽施設の割引を受けることができます。

会社員の方は福利厚生でそのようなサービスがありますがご紹介したレバテック、ギークス、midworksには福利厚生のサービスが付いています。

エンジニアで運動不足になりがちな方はジムへの契約をするのもいいですし休日の映画の楽しみに映画の割引チケットを購入するのもおすすめです。

仕事も遊びも楽しいフリーランス生活を作っていってみましょう!

私が利用したおすすめのフリーランスエージェントTOP3をご紹介しました。

どちらも安心して利用できるフリーランスエージェントです。

ぜひとも複数登録をして自分にあったエージェントをご活用ください!