客先常駐プログラマーのクビで無収入の備えと3つの作戦

客先常駐プログラマーはいつクビになるかわかりません。

毎日不安で過ごすのは辛いですし、少しでも安心して仕事がしたいですよね。

 

クビになりやすい状況なのは変わらないものの対策を上手に打てば対処もしやすいです。

負担なく上手にできる対処方法もありますので、できることから少しずつ進めていきましょう。

今、客先常駐プログラマーで働いているあなたでも負担なくできる対策をまとめたので上手に備えていきましょう!

客先常駐プログラマーはクビになりやすい現実と3つの理由

客先常駐プログラマーがクビになりやすいです。

経営悪化などしたときはまず企業としては社員を守るため客先常駐プログラマーはクビになりやすい現実があります。

詳細の理由を3つにまとめました。

客先常駐プログラマー【クビの理由1】モノづくりは終わりがある

どんなモノづくりでも終わりがあります。

家電製品など短期間で出来上がるものもあればWebサイトのように長期間運用があるものでもいづれ完成の日が来ます。

モノづくりの始まりと終わりがあるので、どうしてもそのたびに客先常駐プログラマーはクビになりやすい状況になります。

客先常駐プログラマー【クビの理由2】年齢が低く単価が安い人に仕事が集まる

客先常駐プログラマーはモノづくりの期間だけ人を集めたいため極力コストを削減したい企業が多いです。

そのため年齢が20代半ばでそこそこ経験があり教育コストは抑えることができ単価が安い人に仕事が集まりやすいです。

年齢を重ねていき単価が上がるとクビを切って新しい人を入れる傾向にあります。

また作業指示を出すにあたって年上過ぎると企業側も仕事がやりづらいという理由もあるようです。

客先常駐プログラマー【クビの理由3】クビにしやすい契約形態

最後に客先常駐プログラマーは契約形態がクビにしやすいのでクビになりやすいです。

数ヶ月ごとの契約であるため契約継続をしないと断れば簡単に契約終了ができます。

客先常駐をしていると会社員のように定時に会社に行って働くため会社員と同様長く働けると思いがちです。

しっかりと契約形態は把握して仕事をしていきましょう。

会社員と方と同じように客先に通勤して仕事をするので安心してしまいがちですが気が緩まないようにしたいですね。

客先常駐プログラマーがクビ対策をするべき人【3つのパターン】

客先常駐プログラマーでもクビにやりやすい人や早めに対策をとっておくべき人がいます。

クビへの対策を早めにとっておくべき人のパターンを3つにまとめました。

客先常駐プログラマー【パターン1】仕事が嫌い

 

「仕事が好き!」という人のほうが少ないかと思いますがプログラマーはもともとプログラミング自体に興味があってプログラマーになっている人が多いです。

そのため他の仕事よりも仕事が嫌いという人は少ない傾向にあります。

その中でも「仕事が嫌い」という思いがあると仕事の成果物や態度にも出てしまい周りと比べて評価をされてしまいます。

客先に目をつけられやすくなるので仕事が嫌いという方は早めに対策を取りましょう。

指示を出される側、指示を出す側という理由で単純に年齢的な要因もあるようですね。

客先常駐プログラマー【パターン2】客先常駐先の企業の人と合わない

客先常駐をしていると人の扱いが下手で不親切な企業もたくさんあります。

そのため客先の人とそりが合わずクビを切られやすい状況になります。

客先常駐をしていて困った客先の人は以下のような人です。

  • 社外の人(客先常駐の人)をモノ扱いする。
  • 自社の仕事を無責任に客先常駐の人に丸投げする。
  • 負荷が高い仕事やスキルアップにならない雑用ばかり任せる。

自社の利益を作るためのシステムの一部を客先常駐の人にお願いするのにあまりに無責任な客先企業の人もいるため、そのような場合は客先常駐プログラマーも簡単にクビを切られてしまう場合もあります。

人を人として扱わずモノ扱いすぐ企業体質の企業もあるので注意が必要です。

雇用形態がどうであれ「人は人」であることは変わりないので、あまりひどい対応の企業は早めに撤退したほうがいいですね。

客先常駐プログラマー【パターン3】給料が安い

客先常駐で給料が安い場合は早くクビへの対策を打つべきです。

客先常駐は企業側が好きなタイミングでクビにできるため常にリスクがある状態です。

リスクがある分、通常よりも高い単価で仕事を受けるべきですが安い場合はデメリットが非常に大きくなるため早く対策を打ちましょう。

いつクビを切られるかわからない客先常駐プログラマーは周りより給料が高い状態を維持していきましょう。

客先常駐プログラマーは今生活ができれば大丈夫という給料では少し危険ですね。

客先常駐プログラマーのクビへの備え!年収アップは必須!【3つの作戦】

客先常駐プログラマのクビは避けられません。

クビになっても生活がしていけるよう年収アップできるよう対策をしていきましょう。

客先常駐の仕事をしながらでもできる対策を2つにまとめました。

客先常駐プログラマー【年収アップ作戦1】転職して社内プログラマーになる

1つ目は客先常駐プログラマーを辞めて転職し、社内プログラマーになって年収を上げる方法です。

社内プログラマーになれば1つのモノづくりが終わっても社内の次のモノづくりのチームへ移る流れになるのでクビになって収入が途絶えることがありません。

また転職を機に年収を上げていけば仕事への意欲も更に上がります。

客先常駐の仕事をしながら転職活動は時間の制限もあり難しいので転職エージェントを利用すると以下のことをしてくれます。

  • 履歴書、スキルシートの添削。
  • 希望条件、年収の良質求人の選定。
  • 面接日程の調整。

仕事も忙しく周りの客先の目が気になる客先常駐プログラマーは転職エージェントを利用するとメリットが大きいですね。

働きながらでも負担なく転職するには、大企業・高年収の取扱が多い企業求人を多く扱っている転職エージェントを利用することをおすすめします。

【IT業界に強い大企業・高年収が狙える転職エージェント】

悪質なWeb求人に注意しましょう

求人サイトのWeb求人にはどのような内容でも企業側は書き込むことができます。

求職者にとって都合のいい情報などを記載し入社直前や入社直後に条件変更をする場合もあります。

 

以下の例が挙げられます。

  • 入社後、月給を下げられた。
  • 面接時に話した内容と全く違う仕事をすることになった。
  • 勤務地が急に変更になった。
  • などなど・・。

 

このような悪質な企業求人を避けるためにも転職エージェントを利用して第三者の目を通しておくことは大きなリスク回避になります。

客先常駐プログラマー【年収アップ作戦2】フリーランスプログラマーになる

客先常駐で働くことにはなれているのであればフリーランスプログラマーになって収入を上げる方法もおすすめです。

プログラマーを数年以上しており客先常駐も経験があれば50万〜60万以上は狙えると思うので客先常駐でもフリーランスのほうが収入が増え仕事が途中無くなった場合でも困ることはないと思います。

フリーランスエージェントを利用すると仕事の終了時は1ヶ月ほど前に連絡はありますし次の仕事を探す場合もタイミングにはよりますが数日で仕事が見つかることもあります。

一気に収入を増やして貯蓄を作りたい方はフリーランスプログラマーになるのがおすすめです。

まずは仕事をしながら今のスキルに見合った案件があるかをフリーランスエージェントに確認すると安心です。

【高額案件の取扱が多いフリーランスエージェント】

フリーランスになると年収800万円ほど行く人も多いのでチャレンジする価値はありますね!

客先常駐プログラマー【年収アップ作戦3】副業をする

最後に今の仕事を続けながら副業をして収入を増やすという方法です。

副業は方法としてあるものの体力的、精神的にも負荷が高いので体力がある方のみ限定です。

お仕事はクラウドワークスなど探せばあるのですが時給などもあまり高単価が望めないため一時的な利用をおすすめします。

【まとめ】客先常駐プログラマーはクビになること前提で上手に働こう

客先常駐プログラマーはモノづくりのサイクルから考えるとクビになる可能性はあります。

リスクの高い働き方のためクビになったときの生活費を残すくらいの収入を確保する必要があります。

できる限り高収入で長く働くことができる職場を見つけていきましょう。

客先常駐プログラマはより高収入で賢く働こう!

客先常駐プログラマはより高収入で賢く働いていきましょう。

    • モノづくりのサイクルを考えると客先常駐はクビになりやすい。
    • 年齢的に若い人がより有利になる。
    • 客先常駐自体、クビを切りやすい契約形態。
    • 仕事が嫌い、人が合わないなどという人は早めに対策を打ちましょう。
    • 社内プログラマーに転職して年収を上げて安定的に働きましょう。
    • フリーランスプログラマーになって高収入を狙っていきましょう。
    • とにかく客先常駐は収入アップを最優先で考えて備えましょう。
    • エージェントを利用すれば悪質な求人を避けることができます。

 

【IT業界に強い大企業・高年収が狙える転職エージェント】

 

【高額案件の取扱が多いフリーランスエージェント】

活用できるものは活用しながら上手に仕事を進めていきましょう!