客先常駐プログラマは疲れた辞めたい【正社員なら辞めるべきです】

「客先常駐プログラマをしているけど仕事も辛いし将来も不安なので辞めたい。」という方も多くいます。

自分の会社で働けず周りの目を気にしながら客先常駐で働かないといけないのかと思うととても不安ですよね。

客先常駐で働く方は以下の不満を持つ方が多いです。

  • 正社員でも客先常駐は派遣のような気分。
  • 会社に言われるがままいろいろな企業に飛ばされるのが不安。
  • 安い給料で客先に行かされてこき使われたくない。
  • 客先で頭を下げるのに疲れた。
  • 客先の圧力で休みが取りづらい。
  • 年齢を重ねると首を切られやすいんじゃないか。
  • 客先の雑用ばかりでスキルが上がらない。

このような不安を持ちながら仕事を続ける必要はありません。

早く希望の職場で仕事をして今よりももっと自分らしく仕事をしていきましょう!

今の職場からさよならするために次の仕事の準備を上手にしていきましょう。

仕事をしながらでもできる転職方法をまとめてみました!

目次

客先常駐プログラマを辞めたいなら早くに辞めるべきです!

客先常駐プログラマを辞めたいなら早く辞めるべきです。

しかし現状を変えるのはとても勇気がいることですし、なかなか次の一歩が踏み出せないと思います。

客先常駐プログラマをしていて「休みが取りづらい」「希望の仕事ができない」など不満を抱えつつ職場は客先であり自分の会社ではないため意見を言いづらく改善をしづらい状況でもあります。

そのためスキルアップや年収アップがしづらず将来性もあまりありません。

将来性があまりない客先常駐を辞めたいなら思い切って早くに辞めるべきです。準備さえしっかりすれば不安を感じることはありません。

以下章でリスク少なく客先常駐を辞めるステップについてまとめました。

客先常駐プログラマを辞めても大丈夫な3つの理由【甘えではない】

客先常駐プログラマを辞めるのは甘えだと思い辞めることに抵抗を感じる方が多いのですが甘えではありません。

客先常駐プログラマを辞めても大丈夫な理由を3つにまとめました。

客先常駐プログラマ辞めて大丈夫な理由1:プログラマの転職は早いほうが有利

プログラマの転職は早い方が有利です。

企業側も若い年齢層がいいという企業もあり転職先の企業数も増えるということから、できるなら早いうちに転職をしたほうが有利に働きます。

また20代後半から30代前半くらいのある程度経験もあるけど給料は上がりすぎていない年代は企業側も実力もあり育てやすい人材であるため喜ばれることも多いです。

客先常駐で不満に感じながら仕事を続けるよりも早く転職したほうが有利に物事が進みますね。

客先常駐プログラマ辞めて大丈夫な理由2:客先常駐を長く続けることで大きなキャリアップはしない

客先常駐プログラマは即戦力を求められるため今あるスキルをベースに仕事を任されるため今以上のスキルを仕事で身につけることができません。

客先常駐プログラマを続けても今のスキルでできる仕事を分担させられて任させることが多く技術者としては大きくキャリアアップしないケースが多いです。

客先常駐を長く続けても今のスキルの範囲内で仕事をすることが多いためスキルアップ、キャリアアップは狙えないため客先常駐を辞めたい場合は早く辞めて次のステップへ進んだほうが時間も有効的に使えます。

客先常駐プログラマ辞めて大丈夫な理由3:年齢を重ねるとクビになる可能性が高くなる

客先常駐プログラマは以下のようなことを多くの企業で求められます。

  • 他社の人ができるレベルの仕事を即戦力でこなしてくれる人。
  • 低単価で一意的に仕事をこなしてくれる人。
  • 文句など言わずすんなりとすぐ仕事をこなしてくれる人。
  • などなど・・。

年齢を重ねると今までのキャリアが邪魔をして、こなせる仕事でも抵抗感を感じるようになることも多いです。

また作業指示をする際にも年齢が近いほうが良いという理由で年齢を重ねると採用されづらくなるという現実もあります。

そのため客先常駐が辛いと感じる場合は長い将来性はないため見切りをつけたほうが良いと言えます。

客先常駐プログラマを辞めた後の仕事【2つの選択肢】

客先常駐プログラマを辞めた後の仕事を2つにまとめました。

客先常駐プログラマ辞めた後の選択肢1:社内プログラマに転職

選択肢の一つ目は社内プログラマとして転職する方法です。

社内プログラマは以下のような方が向いています。

  • 一つの会社で長く働きたい。
  • 一つのサービスを作り続けたい。
  • サービスのマネタイズなど経営的な深い部分も携わっていきたい。
  • などなど・・・

社内プログラマは一つの会社で腰を据えて長く開発をしていきたい方にはとても向いています。

社内の経営状況によっては短期間でサービスを作ることを求められ残業が増えるケースもありますが企業規模が大きく安定した企業を選べば残業も少なく安定して働くことも可能です。

悪質な求人に引っかからないためのポイント

転職をする際、Webの求人サイトをまず見ると思うのですがWeb求人サイトは良い求人・悪い求人それぞれが混じっている状態です。

悪い求人を避けるためにも転職エージェントを利用したほうが良質な求人に出会えます。

 

転職エージェントは企業が良い人材を集めるために手数料を支払ってより良い人材を探しています。

企業も手数料を支払っているため入社後すぐに辞められると困ります。

そのためお互いがしっかり納得が行くよう良質な求人が多くなります。

 

転職エージェントを使うことで一人でWeb求人を選ぶよりもリスクを下げ、より希望にマッチした求人と出会うことができます。

IT業界に得意な転職エージェントを以下章でまとめています。

客先常駐プログラマ辞めた後の選択肢2:フリーランスプログラマになる

客先常駐プログラマを辞めた後の選択肢2つ目はフリーランスプログラマになる方法です。

フリーランスプログラマは以下のような方が向いています。

  • 客先常駐はしてもいいけど客先は自分で選びたい。
  • もっと自由なスタイルで選びたい。
  • 週休2日以上休みが欲しい。
  • 年収をもっと上げたい。
  • いろいろな人と働きたい。
  • などなど・・・

フリーランスプログラマは毎月の収入は約束されないものの、やり方によっては複数仕事を持つことができたり週休3日以上にしたりと自由度が高く働くことができます。

また社員で客先常駐をしていたのと違い自分で常駐先を選択し合わない場合はすぐに辞退することも可能です。

会社員のときのように上司など周りの人の目を気にせず自由に仕事をすることができるので伸び伸びと実力を発揮することができますね。

働きやすい客先の選び方

客先常駐が嫌でやめたい方は受託開発がメインの方が多いです。

自社サービスを開発している大手企業で客先常駐することで、より社内プログラマに近いかたちで客先常駐をすることができます。

 

同じ客先常駐でもフリーランスと会社員では選択肢が大きく変わるためフリーランスのほうが自由度も高く印象がよくなると思います。

高単価で大手企業案件が多いフリーランスエージェントを以下章でまとめています。

客先常駐プログラマを辞めたいときに事前にやるべき3つのこと

客先常駐プログラマを辞めたい時に事前にやるべきことを3つにまとめました。

客先常駐プログラマ辞めたい時に事前にやること1:貯蓄額の把握

貯蓄額の把握です。

仕事を変えるの際、以下のようなお金が必要になる場合があります。

  • 職場が変わることによって引っ越しが発生する。
  • 次の給料が入るまで間が空く。
  • 仕事を探すため一定期間仕事を辞める。
  • などなど・・・。

多くの人の場合「次の給料が入るまで間が空く」ことが多いと思います。

そのため、最低でも2ヶ月以上生活をするためのお金があるか確認しておきましょう。

客先常駐プログラマ辞めたい時に事前にやること2:絶対に譲れない条件の洗い出し

仕事を探す際、思ったように求人が見つからない場合があります。

求人が見つからない場合、今まで嫌だったこともどんどん妥協をして仕事を選んでしまうことがあります。

転職を後悔しないためにも絶対に譲れない条件の洗い出しはしっかりしておきメモなどに残しておきましょう。

客先常駐プログラマ辞めたい時に事前にやること3:エージェントへの登録

最後に絶対辞めたいと思った時にやっておくべきことは転職エージェント、フリーランスエージェントへ登録をすることです。

客先常駐プログラマが嫌で辞めたいと思ってすぐ辞めて希望の仕事がないでは困ります。

今の自分の市場価値を事前に確認しておくと次の仕事の基準もできて安心です。

以下の転職エージェント、フリーランスエージェントに複数社登録しそれぞれでの自分の市場価値を確認すると次の仕事探しにも自信が持てます。

【IT業界に強い転職エージェント】

【高単価・大手企業の取扱が多いフリーランスエージェント】

せっかくの次の仕事探しのタイミングなので大手で高単価が狙える求人をたくさん扱っている企業に登録をして自分の市場価値をどんどん上げていきましょう!

客先常駐プログラマを円滑に辞めるための2つの方法

仕事を辞めるのはとても精神的にも大変です。

円滑に仕事を辞めるためにも仕事を辞める方法を2つにまとめました。

客先常駐プログラマ辞め方1:社内規定に沿って上司に伝える

一番円滑に辞める方法です。

通常企業であれば社内規定に何日前に退職届を出せばいいか記載があると思います。まずはその内容をチェックしましょう。

客先常駐の場合、企業と客先の契約期間もあるため合わせて確認しておきましょう。

チェックするポイントは以下のとおりです。

  • 社内規定の退職届を出す日程。
  • 企業と客先の契約期間。

客先常駐は関係している企業もあり退職の話をするのが少し複雑ではありますが上記2点を押さえて置けば大丈夫です。

日程を調整して上司に交渉してみましょう。

客先常駐プログラマ辞め方2:退職代行を使う

社内規定にも沿った上で上司に退職の旨を伝えても突き返された場合は退職代行というサービスを利用するのも1つの方法です。

 退職代行に依頼をすればあとはお任せで退職のための業務をやってもらえるので簡単です。

【退職代行でスムーズに退職】

自分で退職するするのがうまく行かなかった場合に上手に活用したいですね。

【まとめ】客先常駐プログラマを辞めたいなら辞めましょう!【人生変わります】

上記のように貴重な人生を削って嫌な職場で働く必要はありません。

客先常駐プログラマを辞めたいなら辞めてOK!

客先常駐プログラマを辞めてOKな理由・メリットのまとめ。

    • プログラマの転職は年齢的にも早い方が有利
    • 客先常駐を長く続けてもキャリアアップしない
    • 年齢を重ねるとクビになるリスクが増える
    • 社内プログラマになれる選択肢がある
    • フリーランスとして働く選択肢がある
    • エージェントを利用することで粗悪な求人を排除できる
    • エージェントを利用すれば高単価・良質な求人をゲットしやすい

 

【IT業界に強い転職エージェント】

【高単価・大手企業の取扱が多いフリーランスエージェント】

プログラマには正社員、フリーランスなど様々な選択肢があります。

合わない職場で長く続けるより自分に合った職場をどんどん探していきましょう!