プログラマでリモートワークをやるなら3つの言語を選択しよう!

プログラマでどのプログラミング言語を使えばリモートワークで働きやすい?

プログラマでリモートワークを実現しやすいプログラミング言語を3つ選択したのでチェックしていきましょう。

リモートワークプログラマの言語:この3つのプログラミング言語を選択しよう!

リモートワークが多い傾向があるプログラミング言語があるのですが、上位3つをチェックしていきましょう。

リモートワークプログラマの言語:【第一位】Ruby

第一位はRubyです。特にRuby on Railsの採用が多いです。

Ruby on Railsは他プログラミング言語より簡潔に書くことができるため、webサイトの立ち上げをより速くすることができます。

少人数体勢で作業をすることが多いため、リモートワークができる企業が多い傾向があります。

RubyだけでなくHTMLなど表示部分のスキルも多少求められることもあるため合わせて習得するといいでしょう。

リモートワークプログラマの言語:【第二位】PHP

第二位はPHPです。

MySQLの操作などサーバーの処理や、WordPressなどの対応も可能なため作業の切り出しがしやすくリモートワークしやすい言語です。

PHPは、サーバー周りの処理の実装もできますし、WordPressのプラグインの対応などもできるため幅広く色々なことができるため習得しておくと便利なプログラミング言語です。

リモートワークプログラマの言語:【第三位】Python

第三位はPythonです。

webアプリケーションやスクレイピング、データ分析などを得意とする言語です。

一人で簡潔して作業をすることができるため、リモートワークが多い言語になります。

リモートワークプログラマの言語:その他求められる3つのスキル

リモートワークでは会社で働くのと違いプログラミング以外にもスキルが求められます。

プログラミング以外に求められる3つのスキルについて見ていきましょう。

リモートワークプログラマの言語:【スキル1】フルスタック

フルスタックのスキルとはプログラミングができることがもちろん前提ですが、HTML、javaScriptなどの表示に関してのプログラミングやAWSなどのサーバーの設定ができるスキルがあることを言います。

リモートワークで一人で仕事をするとなるとトラブルがあった場合は、周りに人がいないためある程度自分で解決する必要があります。そのため幅広い知識を求められるケースが多いです。

例えば、webサービスで言えば設計、開発からサービスを世の中に出すところまで一連の仕事の経験があることがベストです。

リモートワークプログラマの言語:【スキル2】自己管理能力

リモートワークで働く場合、始業時間が決められていなくて自由なケースが多いです。そのような環境になった途端生活が乱れてしまう人もいるため自己管理能力が求められます。

仕事をしていればいいじゃないかと思う人もいるのですが、周りの人に合わせられず仕事効率が下がったり生活の乱れによって体調を壊してしまう人も少なくありません。

企業としても仕事に支障が出始めると損失になることから、計画的に仕事を遂行できる自己管理能力が求められます。

リモートワークプログラマの言語:【スキル3】コミュニケーション能力

リモートワークの場合、コミュニケーションの大半が文字でのやり取りになります。

職場で仕事をしていたときは相手に伝えづらいことは口頭で話して問題解決ができたのですが、文字でのやり取りとなると伝え方、相手の意見の聞き出し方など文章力や文字でのコミュニケーション能力が必要になります。

トラブルが起こったとき、相談をするとき、プログラミングのような専門知識を文字で事細かく状況説明をするというのはとても難しい上時間がかかる作業になります。相談時間のコストが増えることによりリモートワークのほうがよりコストがかかる場合もあります。

コストがかかると仕事ができないと評価される原因にもなるためコミュニケーション能力は必須になってきます。

周りの人から見えていないからこそ注意が必要なポイントになってきますね。

リモートワークプログラマの言語:リモートワークの3つのメリット

リモートワークでは必要とされるスキルが多いもののメリットもたくさんあります!

リモートワークの3つのメリットについて見ていきましょう。

リモートワークプログラマの言語:【メリット1】通勤時間の無駄を削減できる

リモートワークは通勤の時間を削減できるのは大きなメリットです。

首都圏内の場合、近くてもドアツードアで1時間近く片道かかるケースが多いと思います。片道1時間でも1日往復で2時間の無駄な時間を削ることができます。

1日2時間、時間の余裕ができると映画など趣味の時間に費やすのもいいですし、将来的なことを考えスキルアップのため勉強をするのもいいですね。

プログラマは技術職なため勉強時間を増やしてスキルアップをしたほうが作業の時間も更に短くなり将来の給与アップなどに繋がります。リモートワークの選択肢があるのであればできるだけ早く取り入れたいですね。

「時は金なり」というように時間はとても貴重です。削れる部分はどんどん削って増やしていきましょう。

リモートワークプログラマの言語:【メリット2】通院などの自由が効く

通勤時間や出勤時間の縛りがなくなると通院などもしやすくなります。

通勤をしているとどうしても休日にしか病院にいくことができずかかりつけの先生に診てもらうのも難しかったりしますが、曜日関係なく通院ができると困ったときすぐに病院で見てもらえるのはとても安心ですね。

また、いつ病院に行こうなど悩む時間も削ることができます。行きたいと思えば行けるという環境はとてもメリットが大きいです。

リモートワークプログラマの言語:【メリット3】健康的な生活ができる

職場で働いているとどうしてもコンビニ食などが多くなってしまいます。コンビニでサラダやヘルシーなものを買っても添加物が入っていたり栄養がありそうなものでも薬品でビタミンなどが飛んでいる場合もあり健康的とは言えません。

リモートワークで自宅で食事を作って食べることができれば安くスーパーで野菜など食材を買っていつでも食べることができます。また、食事的にも健康な生活、かつ経済的な生活を送ることができます。

満員電車の通勤ストレスも減らすことができ、食事も節約しながら健康的なものが食べれることができます。

プログラマはデスクワークで健康に疎くなりがちですが、何を言っても体が資本です。健康的な生活ができることはとても嬉しいですね。

リモートワークプログラマの言語:未経験プログラミング言語でリモートはNG

未経験のプログラミング言語をリモートワークで使うのはできれば避けておきたいです。

理由としては未経験のプログラミング言語でリモートワーク中につまづくと解決までに時間がかかり作業の進捗が遅くなる可能性があります。また質問するとしてもチャットベースでのやりとりとなるため、対面より理解も薄くなります。

それにより企業側も未経験のプログラミング言語に対してはリモートワークは実施させないことが多いです。

現場でしっかりと実務を積んでリモートワークに移行したほうがいいでしょう。

リモートワークプログラマの言語:未経験プログラミング言語は勉強からスタート

リモートワークをしたい場合、RubyやPHPなどのプログラミング言語の習得は必要になります。

未経験の場合は、現場で作業をこなすにしてもまずは勉強が必要になります。仕事をこなしながらRubyやPHPなどのプログラミングの現況となると時間の確保が必要になります。

また、未経験のプログラミング言語を勉強する場合不明点も多く独学をしていてつまづくと何時間も費やしてしまう可能性がありその中で嫌になり離脱してしまう可能性があります。

避けるためにもできればつまづいたときに質問できるような人がいるととてもスムーズにプログラミング言語の習得ができます。

プログラミングスクールなどに通うと講師の方に随時質問ができる体制もあるため、習得にかかる時間の短縮にもつながります。プログラミングスクールを使うことによって精神的な負荷と、勉強時間の短縮もできるためより早く習得したい人にはとてもおすすめです。

リモートワークを実現したい!プログラミング勉強する!

リモートワークプログラマの言語:リモートワークの仕事の探し方

リモートワークをやりたくても制度を導入している企業はまだ少ないのが現状です。

リモートワークをするにはリモートワークの制度を導入している企業はもちろん、実績がある企業を選びましょう。

育児制度と同じで制度だけはあるけど実績がない企業もいくつもあるため、そのような企業は避ける要注意が必要です。

リモートワーク制度があると思い面談に行っては、実績がまだないからと言われてしまうと仕事探しも非常に疲れてしまいます。その場合は、転職エージェントなどを利用し実績を確認した後に面接に行くことをおすすめします。

仕事探しは交通費、時間の工面などとても大変で長引くと心労にも繋がり挫折しかねません。無料サービスを効率的に使い上手に転職活動を実現させましょう。

リモートワークはIT業界が先端をいっており、IT業界に特化した転職エージェントを利用すると仕事を見つけやすいです。

IT業界に特化した転職エージェントでリモートワークを探す