プログラマーで職場の肩身が狭いなら絶対に転職をするべきです【理由付き】

プログラマーの仕事をしているけど、失敗した時や質問をした時に周りからどう思われているか怖い。肩身が狭くてもう仕事をするのが辛い。転職したいと思うけど不安も多い。。

 

でも…とにかくこんな職場もう嫌だ!

もう限界だ、逃げ出したいというあなたへ。

職場で肩身が狭いのは毎日のことですし人生の殆どを職場で過ごすのでとても辛いですよね。

でも我慢をして耐え続ける必要はありません!

転職をして環境を変えたほうが以下のようなメリットがあります。

 

  • 気持ちが軽くなる。
  • スキルアップする。
  • 年収アップする。

 

その理由や誰でもできる簡単な転職方法をまとめました。

今の職場で辛いと悩んでいる方へ。参考になると嬉しいです!

目次

プログラマーで職場の肩身が狭いなら転職をするべき3つの理由

プログラマーで職場の肩身が狭いなら今すぐ転職活動を始めましょう。

転職をするべき理由を3つにまとめました。

転職するべき【理由1】コミュニケーションが取れず仕事が遅延・残業が増える

転職をするべき理由1つ目は肩身が狭いという理由で周りとコミュニケーションが疎遠になることが多いです。

プログラマーは個人の作業のようでチーム作業であることが多いです。

周りとの連携が円滑であれば仕事が早く終わり周りと連携がうまくできていなければ仕事が長時間かかるということもあります。

コミュニケーションが円滑に取れず仕事が長時間かかるというのは様々な方向に悪影響があります。

  • 職場での評価が下がる。
  • 残業が増えることでミスが増える。
  • 同じ仕事を長くしていることでスキルアップしない。
  • 成果が出ていないと判断された場合、減給になる可能性。

せっかく仕事をするなら「スキルアップしたい」「年収を上げたい」という人がほとんどです。

肩身が狭くコミュニケーションが取りづらいだけでも大きな悪影響があるので避けて行きたい状況ですね。

転職するべき【理由2】スキルアップできない

プログラマーは常に技術も新しくなりスキルアップをし続けて行きたいものです。

肩身が狭い状況では周りとの会話も少なくなり職場の動向の情報をキャッチするのも遅くなります。

また自分の思いを伝えるタイミングも少なくなります。

例えば「最新の◯◯の技術を導入したいです」「◯◯機能の実装(プログラム)をやってみたいです」という自分の思いを周りの人へ伝えるタイミングが少なくなりチャンスを周りに奪われてしまいます。

つかめるチャンスをつかめずスキルアップの機会を逃してしまうのはとてももったいないです。

もっと伸び伸びと発言しやすい職場へ移って仕事をしながらスキルアップをしていきたいですね。

転職するべき【理由3】ストレスでメンタルや体調を壊す

1日8時間、休憩を含めると9時間が職場で過ごすことになります。

職場で肩身が狭いというのは非常にストレス負荷が高く非常につらい状況です。

精神的に体調を壊してしまうと回復が想像以上に時間がかかるのが一番厄介です。

精神的にも負荷を感じている方は早く転職活動や少しできる範囲で有休を使うなど行動を起こしましょう。

自分の体調を守ることが先決です。

仕事ができるのは健康があるおかげ

ついつい「あと少し頑張れる」と無理を重ねてしまう方が多いのですが今頑張れるのも健康があるおかげです。

 

例えば風邪を引いたとき「もう仕事できない、休みたい」となりますよね。

 

健康なうちは忘れて健康を失うと気づくものです。

他人を心配するように、もう少しだけ自分に優しくしてあげましょう。

プログラマーで職場の肩身が狭く転職したい場合の簡単3ステップ

プログラマーで職場の肩身が狭く転職したい場合はあまり体力的・精神的にも力が出ないことが多いと思います。

疲れている方でもできる転職方法を3ステップにまとめました。

プログラマー職場肩身が狭い【転職ステップ1】転職エージェントに登録する

転職サイトへの登録もあるのですが悪質な求人も混じっているケースもあったり自分で求人案件を探す労力も必要になるため、転職サイトへの登録より転職エージェントの登録をおすすめします。

プログラマーの転職をする際はIT業界に特化した転職エージェントがおすすめです。

IT業界に強いおすすめ転職エージェント

登録はどれも無料で1分もかからないので簡単です。

いくつかあって迷うと思いますが各企業強みが違うため、まずは登録をしてマッチする求人案件があるか聞いてみることをおすすめします。

簡単にできることから始めよう!

「今の環境を変えたいけど毎日仕事も忙しい。」という方が多いと思います。

1日8時間以上も働いていれば疲れて何もやる気が起きないのも当たり前の状況です。

 

まずは1日10分からでOKです。家で簡単にできることからスタートしましょう。

少しの一歩も将来への大きな一歩です。

プログラマー職場肩身が狭い【転職ステップ2】転職エージェントに相談する

転職エージェントへの登録が終わればあとは相談する都合のいい日程を伝えて希望を伝えましょう。

  • 場所
  • 年収
  • 残業
  • 人間関係・雰囲気
  • 社風
  • などなど・・

ここは妥協せずに決めたいというものを決めて転職エージェントに伝えるとマッチした求人を選定してもらえます。

もしその中でも嫌なものがあればどのような求人がNGかも伝えるとより良い求人を出してもらうことができます。

転職エージェントを使うことによって以下のステップだけなのがとても簡単です。

  1. 希望求人を伝える。
  2. 選定した求人を選ぶ。

希望の求人を選定してもらった上で選ぶだけなので忙しい方にはとても嬉しいサービスです。

 

転職エージェントを使う1番のメリット

転職エージェントを使うことによる1番のメリットは悪質な求人を避けることができる。」というのが大きいです。

転職エージェントを利用することで求人を出す企業も変な行動ができなくなります。

 

例えば転職エージェント経由後、不正なことが発覚した場合転職エージェントの評判にも関わるためその企業は人材を紹介してもらえなくなります。

 

転職エージェントを使うことにより、より精度の良い求人と出会うことができます。

転職エージェントのメリットを上手に使っていきましょう。

プログラマー職場肩身が狭い【転職ステップ3】エントリー&面接後、晴れて転職!

あとは希望の求人のエントリー後、面接を行います。

面接の日程調整は転職エージェントが企業とやり取りをしてくれるので面談があるたびに仕事中電話にでて日程調整などもする必要がありません。

そして面接後、内定が出れば晴れて転職です!

肩身が狭い職場ともさよならができます!

プログラマーで職場の肩身が狭くて転職したい!でも辞められない場合の2つの対処法

プログラマーで職場の肩身が狭くて転職したいけど辞められないという方も多くいます。

辞められない時に役立つ対処法を2つにまとめました。

プログラマー職場肩身が狭い【辞められない1】法的に遵守して退職届を提出する

法的に遵守して退職届を受け取られなかった場合でも企業側から言い訳ができない状況にしておきましょう。

退職届を前もって提出して置けば企業側も基本的に拒否ができません。

守るべきところは守って手順通りに進めて退職ができる準備を進めていきましょう。

民法では、退職する14日前までに意思表示をすればよいとされていますが、通常は1カ月前までには提出します。また、就業規則に記載がある場合は、それに従うようにしましょう。

引用:リクナビNEXT

プログラマー職場肩身が狭い【辞められない2】退職代行を利用する

企業側の圧力もあり一人で退職手続きを進めるのが心細い場合は退職代行を利用するとスムーズに手続きを進めることができます。

退職代行を利用すると以下のようなシンプルなステップで退職ができます。

  1. 退職代行サービスへ連絡
  2. 入金
  3. 退職

費用はかかってしまいますが肩身が狭く体力的・精神的な負担が大きいけど自力でやめることができない場合はまず相談だけでもしてみるといいですね。

おすすめの退職代行サービス

肩身が狭い職場から開放されると良いことしかない!3つのメリット

肩身が狭い職場から開放されるとどのような仕事が想像できますか?

プログラマーの肩身が狭い職場から開放されることによるメリットを3つにまとめました。

肩身が狭い職場からの開放【メリット1】毎日気持ちが明るくなる

肩身が狭いと毎日職場へ行くのも憂鬱な気持ちになり「辛いな」「休みたいな」などと思う日も増えていきます。

肩身が狭い職場から開放されると辛い気持ちの日も減って行き、だんだんと気持ちが明るくなります。

気持ちが明るくなるだけでも仕事のモチベーションが上がってやる気も出てきます。

精神的な負荷がかかると仕事のやる気も下げてデメリットしかありません。

気持ちが明るくなるだけで仕事のモチベーションも上がり仕事の成果も出しやすくなります。メリット大ですね!

肩身が狭い職場からの開放【メリット2】人間関係が良好になるとスキルアップする

肩身が狭いと感じることもなくなり人間関係が良好になると職場での情報交換も盛んになります。

プログラマーの技術は日々進化しているため自然と入ってくる情報量が多いほどスキルもアップしていきます。

人間関係が良好になるだけで技術に関する情報量も増えてくると日々のいい意味の刺激も増え仕事も楽しくなります。

自然とスキルアップし仕事も楽しくなるのでプラス要素しかないのは嬉しいことですね。

肩身が狭い職場からの開放【メリット3】スキルアップすると年収が上がる

スキルアップをすると作業スピードも上がります。また、周りの人の仕事もヘルプをすることもできます。

肩身が狭い職場から開放されスキルアップをし周りへもスキルアップを知ってもらえるアピールの場があれば年収アップにも繋がります。

肩身が狭い職場から開放されるとメリットしかない!

肩身が狭い職場から開放されることによるメリットをおさらいしてみましょう。

 

  1. 精神的な負荷が減り毎日が明るくなる
  2. 人間関係が良好になりスキルアップにつながる
  3. スキルアップができると年収アップにつながる

 

気持ち・スキル・お金に関して3つも改善していくので早く辛い職場からは離れたいですね。

【まとめ】プログラマーで職場の肩身が狭いならとにかく行動!転職しましょう!

プログラマーで職場の肩身が狭いなら開放されると多くのメリットがあるので早めに行動するのがおすすめです。

\【まとめ】肩身が狭い職場にさよならするメリット・方法/

肩身が狭い職場にさよならするメリット・方法

    • 精神的負荷が減る。
    • 残業時間が減る。
    • 人間関係が良くなる。
    • スキルアップできる。
    • 年収アップできる。
    • 仕事がより楽しくなる。
    • 転職エージェントを使うと残業があっても楽に転職ができる。
    • 仕事が辞められない場合は退職代行などのサービスで退職できる。

 

 

IT業界に強いおすすめ転職エージェント

 

確実に退職したいなら退職代行

肩身が狭いのは毎日のことなので本当に辛いです。

貴重なあなたの時間をムダにせず有効活用ができるようより良い職場をゲットしましょう!