プログラマが大阪から東京に転職したら住心地は意外によかった。

プログラマが大阪から東京に転職したいけど、住心地が良いか不安でした。大阪から東京に転職して住んでみると意外と住心地がよかったので、その理由についてです。

大阪から東京に転職したけど住心地は意外とよかった

大阪から東京に転職をしたのですが、住心地は意外とよかったです。転職で仕事面を重視して東京に引っ越すのであれば、東京はとてもおすすめです。

大阪から東京に転職して良かった点、悪かった点をご紹介していきます。

住心地が良いポイント

求人数が多いので企業を選べる

まず、お仕事の量が多いので求人を選べる点が大きいです。もちろん、大阪にしても東京にしても即戦力がある人が求められるなどという点は変わりませんが会社の場所、会社の雰囲気などはマッチしている企業は選びやすいです。

また、求人数が多いため企業側も努力をしており、雇ってやるんだぞというような上から目線の企業も少ないです。

自分にマッチした企業で働くことでストレスも減り、より楽しく働くことができるのが大きなメリットです。

年収が高いので生活に余裕が出る

求人数が多いことから企業もより良い人に来てもらうため給料を高くします。なので、必然的に年収もアップします。

年収も上がれば生活に余裕ができますね。習い事の費用に使ったり、お仕事帰りのデザートに使ったり。プチご褒美も増えると思います。

また、スキルアップの本やセミナーにお金を使うのもいいですね。

お仕事もプライベートも充実するので生活にも心にも余裕が出てくるのは嬉しいことです。

ホワイト企業が多い

先程にも出てきたように求人数が多いことから企業も良い人に来てもらうために努力をしています。残業を減らす方向にあってホワイト企業が大阪より東京は多い傾向があります。

大阪と東京を比べるとどうしても大阪のほうが仕事量は少なく、必死に数少ない取引先から仕事をもらうため必死になった結果、従業員への負荷が増える傾向があります。これはどの地方都市にも言えることですが、それゆえにブラック企業が増えてしまう原因にもなります。

残業少なく働くことは、元気にプライベートを楽しむためにも大きなポイントになりますね。

住宅街は大阪と大差がない

大阪の住宅街と東京の住宅街はそれほど差がありません。もちろん地域にもよりますが、住宅街は住宅街で静かでガヤガヤもしていないですし渋谷や新宿のガヤガヤ、人が多いイメージが強いと思うのですが住宅街は全くそのようなことはなく地方都市と変わらないです。

なので、「東京は住む場所じゃない」このように聞いていてイメージだけ先行してしまっていたことは後悔しました。

スーパーの食料品が安い

東京は住宅街などは競合スーパーも多いため食料品が安い傾向にあります。なので、私もそうですが知り合いも大阪から東京に引っ越して食費が下がったと言っていました。

また、東京はご飯が不味いなどとよく言いますがこれだけ流通が発達している中で鮮度が落ちるようなことなく普通に美味しい食材が売られています。東京近隣の地域にも野菜など生産者もいるので古いもの、まずいものが売っているということはありません。

まとめると、安くておいしい食材が買えるということですね。

とはいえ、大阪のほうが良かった点もあります

通勤時の満員電車はつらい。

東京は満員電車のイメージが強いと思います。電車の路線によって混雑度は変わってくるのですが、それでも混んでいますし基本的に座れないです。

大阪では9時出勤に向けた人で満員電車にはなるのですが、東京は満員電車の時間帯も長く10時出勤だとしても普通のぎゅうぎゅうになる満員電車です。極稀にですが、本も開けないほどのときがあるのでその点は辛いです。

対策としては、最近ではYoutubeなどダウンロードできるのでそういうものを聞きながら通勤するのがとても有効的に時間が使えていいですね。

街の人の多さ

繁華街の人の多さは大阪とまた比べ物になりません。午前中は渋谷、新宿など人は少なく空いているのですが午後になるとごった返しますしゆっくり休憩できるようなベンチなども少ないですし、あってもすぐ埋まってしまうので歩き続けるような買い物の仕方になってしまい疲れます。

対策としては、最近はネット通販も充実しているので買い物に行きたいときは街中に買い物に行けば良いのですが、疲れていればネット通販を使えばOKですね。

総合評価は大阪より東京が満足度が高い

給料が高い&ホワイト企業が多いのが一番のポイント

デメリットをいくつか上げましたが遊びに出かけるにもなにをするにもお金と時間が必要になります。東京は給与もよくホワイト企業が多いため、休日等プライベートの時間を充実させることがきます。

自分の時間があればスキルアップのために本の購入やセミナー参加もできるため仕事の伸び幅も大きくなります。

また、給料が高いと自分へ使うのもいいですが家族がなにかあったときの助けにもなるためそのような面でも安心できますね。どこに住むにせよ親兄弟など家族が体を壊して医療等手助けが必要になった場合先立つものがあります。その手助けになれるのはとても安心なことだとだと思います。

まとめると東京にはこんな良いポイントがあります。

  • 時間とお金の余裕ができる。
  • 時間とお金の余裕ができれば、プライベートの充実やスキルアップに向けて動くことができます。
  • 時間とお金の余裕ができれば、家族になにかあったとき手助けになれます。
  • 食料品は大阪と東京の大差はなく、むしろ東京のほうが安く買えるケースがある。

不安を取り除ける大阪から東京への転職手順

とはいえ、大阪から東京へ転職するにはとても不安だと思います。徐々に不安を取り除く安全なステップをご紹介します。

まずは、知人の住宅街にある家に泊まってみる

まずは、知人、友人の住宅街にある家に泊まってみましょう。そこで、東京の住心地を実感できると思います。

注意点としてはホテルなどに泊まるのはNGです。必ず実際住んでる人がいる家がいいです。

そこでしっかり、騒音や生活環境などしっかり見ると良いと思います。これをすると東京に住むイメージがかなりわくと思います。

大阪から東京は夜行バスを使えばとても安く移動ができますし、少しお金があるならLCC、もっとお金があるなら新幹線を使うといいですね。

夜行バスなら往復でも1万円前後、新幹線でも往復3万円もかからないため転職の選択肢を広げるためには安い投資ですね。

転職エージェントに求人紹介をしてもらう

もし、知人、友人の家に泊まってみて東京住めるかもと思ったら次は転職エージェントに登録して求人を紹介してもらいましょう。ここでweb求人ではなく転職エージェントをおすすめする理由は、東京に住んでいる転職エージェントと直接話すことで治安の良い地域、悪い地域も含めて相談ができるからです。

また、土地勘などもないため転職エージェントに優良求人を紹介してもらうのが東京に住んでいない身としてはとても安心できます。東京以外の土地から来るとなると足元を見られてしまう可能性もありますが、転職エージェントは年収も相場観がわかっているため、下手に安く見積もりもされないので安心です。

おすすめの転職エージェントはまずは大手に登録してみて合う求人を出してくれるか確認すると良いと思います。

まずは登録してみて自分なら年収いくらくらいを狙えるのか、どの地域にプログラマの仕事が多いか聞けると家さがしの地域絞りにも役立ちます。

他のおすすめの転職エージェントは以下記事をチェック!
プログラマのための転職エージェントランキング!

企業によってはオンライン面接も可能です

大阪から東京に何度も足を運ばないといけないの?と思ったかもしれませんが企業によってはオンライン面接をやっている企業もあります。それは企業にもよるのですが、大阪から東京は交通費もそれなりに掛かりますし宿泊料も必要になります。

最近は、場合によってはオンライン面接で対応してくれる企業があるのもいいですね。

家を決める&引っ越し

このステップは、内定をもらっている前提です。最後の家を決めるのと引っ越しの段階です。

ここまでで、以下の内容で不安は徐々に減っていったと思います。

  • 知人の家に泊まって実際東京に住む環境を見てみる。
  • 転職エージェントに求人と給与相場を聞く。
  • プログラマの仕事が多い地域を聞く。→引っ越しの場所選定をする。

あとは、安心して家を決めていき引っ越しして、東京でのプログラマライフのスタートです!

いかがでしたでしょうか?安心して大阪から東京へ転職ができるイメージがついたでしょうか?

ぜひとも安心して大阪から東京へ転職して楽しいプログラマライフを作ってきましょう(*^^*)