30代のプログラマ転職はあり!転職のポイントと考えておくべきこと

30代は不安。プログラマ転職をしたいけど年齢的に厳しいかな…?そろそろ次のキャリアを考えるべきか悩む。

30代のプログラマの転職はアリな理由

プログラマの可能性

プログラマの可能性は大きくあります。以下のような可能性が考えられます。

  • 起業を考えているならプログラミングを知っておいて損はない。
  • プログラマからディレクターや管理職に行ってキャリアップの可能性がある。
  • 今はITは様々な分野で必須になってきている。

IT分野は今はどのような仕事柄でも必要になってきています。ITに直結していないところでもweb広告やIoTなど関連してきておりプログラミングのスキルは付けていて損はないです。

また、起業する場合もプログラミングができればwebサイトの立ち上げもできサービス提供などもできるようになります。

システム開発は他社に依頼することもできますが膨大な費用がかかります。そのスキルをお給料を貰いながら習得することができるので一石二鳥です。

プログラマだけをずっと続けるとなると、継続して仕事をもらえる状態を作る必要があるため若手と戦う必要が出てきて厳しい部分もありますが、プログラマから○○になるというようにプログラマは経過地点と考え転職すると非常にいい選択肢となります。

プログラマ転職で避けたい企業

プログラマは企業によっては激務になる場合もあるため、避けておくべき企業もしっかりチェックしておきましょう。

以下の記事が私の転職失敗体験談なのでこのような企業には引っかからないよう注意してください。

【転職失敗談】プログラマの最悪な転職生活【転職失敗談】プログラマの最悪な転職生活

上手な転職先企業の探し方

上手な転職先企業の探し方についてですが、探す前に一つ考えておくことがあります。

  • 将来的に何になりたいか。どうなりたいか。

を明確化しておきましょう。

例えば、将来webサービスで利益を上げていきたい。将来管理職についてチームをまとめるリーダーになりたい。などなど…。

次の仕事探しの際は以下をしっかりチェックしておきましょう。

  • どの分野でスキルを付けていきたいか。
  • プログラマから先のキャリアステップがあるか。

このような内容は求人サイトからはなかなか拾うことができません。転職エージェントに条件をすべてあげて探してもらうと一番早く効率的に企業探しができます。

以下のような大手転職エージェントが企業数も多くおすすめです。

一社だけでもいいのですが、複数社登録して合う転職エージェントとやり取りをすることをおすすめします。また、もし紹介をしてもらっても少しでも納得行かない点があれば断っていきましょう。

30代転職で妥協するのはとても危険です。妥協なしでしっかり企業選びをしていきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!