プログラマ2年目で転職はあり / なし【これが正解!】

プログラマ2年目で転職をしようか悩んでるけど、まだ転職するには早いかな?もう少し今の会社で頑張ったほうが良いかな?

プログラマ2年目で転職【あり】な理由

以下の条件が満たせていればプログラマ2年目でも転職して【あり】です。

  • 2年間で仕事の成果が出せていること。アピールポイントとなる経験ができていること。
  • 転職希望の分野の求人が多いこと。
  • 転職したい理由が明確になっていること。
  • 転職後年収が下がらないこと。

このような条件があればプログラマ2年目でも転職してもいいと思います。2年目といえば貯金も十分にないという方も多いと思うので求人数が少なかったり年収を下げてまでの転職は避けるべきです。

スキルがある程度培われた状態で年収、労働条件が更に良くなることを追求していくことがポイントになります。

プログラマ2年目で転職【なし】と判断する場合

プログラマ2年目で転職はしないほうがいい理由としては以下の通りです。

  • 残業時間が増える。 → スキルアップのための勉強時間が取れなくなる。
  • 通勤時間が増える。 → これも上記と同様で勉強時間など取られてしまいます。
  • 年収が減る。 → 2年目は社会人としても給与が低いため今後の生活に響きます。
  • 求人数が少ない。 → 経験年数がある人に負けてしまう可能性があるため。

上記が該当する場合は、転職をするタイミングをもう少し待ったほうがいいです。

重要な決断をするときはタイミングもとても大切になってきます。いい結果を得るためにということで少し我慢して待ってみることも大切です。

ではいつが次のタイミングになるのか?ですが、3年目でもう一度見直してみることをおすすめします。1年間あれば求人動向、自分の思い、スキルなど様々な状況が変わっていると思います。

安全に給料を稼ぎつつスキルアップなどに励んで時間を過ごしていくといいですね。

安全に失敗なく転職活動をしよう

プログラマ2年目の転職といえば、金銭面(貯金、給与など)の余裕も少ないため失敗したくないと思います。

失敗しないためには以下のポイントを押さえていきましょう。

  • 転職をすることによって何を達成したいか目標を明確にする。
  • やりたい業界の将来性などを調べて理解をしておく。
  • ブラック企業に引っかからないために企業の情報収集に勤める。

上2つは自分で調べて、自分が納得行くまで考えをまとめることが重要になってきます。

最後の1つは転職エージェントなどを使うと効率的に企業情報を収集することができます。転職エージェントは無料で使うことができるため、登録して求人数、求人の動向など聞いてみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェントは以下のような大手転職エージェントに登録して相談するのをおすすめします。大手に登録すると比較対象の求人数も増えて検討しやすいと思います。

登録は60秒でできるのでとても簡単です。登録をして面談予定を立てるので、面談日までにまた調査をして確認したいことをまとめておくことをおすすめします。

悔いがない転職活動ができるよう取り組んでいきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!