異業種からプログラマへ転職して残業は増えるのか平均残業時間を徹底調査!

異業種からプログラマへの転職を考えているけど残業時間はどれくらいなんだろう?プログラマは残業時間が多いと聞くけど本当に残業が多いの?

異業種からプログラマへ転職時の残業時間

残業が多いと言われているプログラマなので異業種からプログラマへ転職するとき残業時間はとても気になるポイントなので残業時間を徹底的に調べていきましょう。

プログラマへ転職すると残業は増える?減る?

プログラマへ転職すると残業は増えるのか?減るのか?プログラマの平均残業時間は20時間、30時間などと言われているところもありますが会社によって振れ幅が大きく出ます。

これはどの業界でも同じことが言えると思うのですが、各企業の仕事の進め方によって残業時間は大きく変わります。

残業時間が多い企業では多い時に残業が1月100時間ほどあるケースもあれば、残業時間が少ない企業では毎月10時間にも満たないケースがあります。

また、残業時間が何分単位で付けられているかも大きく左右される部分ではあります。

プログラマの残業が増えやすい環境

プログラマの残業時間が増えやすい環境はどのような環境なのでしょうか?

プログラマの残業が増えやすい要因は様々ですが、無茶なスケジュールで仕事を進めようとする企業は残業は多くなりがちです。

受託案件で稼いでいる企業などは、取引先の言いなりになるケースも多く納期がここまでと決められたら何が何でも仕事をこなしていくケースが多く、仕事をこなすには残業を増やすしかないため、必然的に残業が増えていくことが多いです。

また、他にも会社の利益状況が良くない場合も無茶な仕事のやり方をするケースが多く、プログラマの残業を増やして売上をあげようとする場合も多いため経営状況にも左右されます。

ポイントは以下のとおりです。

  • 受託開発などで無茶なスケジュールの仕事をする。
  • 会社の売上、利益の状況がよくなく仕事量が増える。

プログラマの残業が増えづらい環境

プログラマの残業が増えづらい環境はどのような環境なのでしょうか?

プログラマの残業が増えづらい環境は無茶なスケジュールを断れる環境、妥当なスケジュールを受け入れてくれる環境がある企業です。

受託案件であっても、社員を守る方針がある企業などは比較的安心はできると思いますし、利益が上げられている企業であれば無茶な仕事は断るケースも多く安定した稼働で残業も少ないと言えます。

ポイントは以下のとおりです。

  • 受託案件であってもプログラマを守る方針がある企業。
  • 会社の売上、利益があがっており安定したスケジュールが組める企業。

残業が少ないプログラマへ上手な転職方法

どちらにしても転職して残業が増えて体調を崩してしまったり不都合が出てしまえば後悔してしまいます。そのようなことがないようにしていきましょう。

残業が少ないプログラマの上手な転職方法は、確実で早く進められるのは転職エージェントを利用する方法です。

悪い案件を紹介してすぐ退職されても転職エージェント側は困るため、マッチした案件を探してくれます。まず初めは大手の転職エージェントに相談をしてみて、残業時間が少ない企業はどのような企業か教えてもらうのがおすすめです。

大手の転職エージェントは以下がおすすめです。

簡単に60秒で登録ができるので、リアルな口コミを転職エージェントから聞き出すのが確実です。この時に、残業時間が10分単位で付けられているのか30分単位で付けられているのかなども合わせて聞いておくと良いですね!

このように無料で相談に乗ってくれるので上手に使わない手はないですね!

働いていると時間も少ないと思うので上手に転職活動をしていきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!