【噂】プログラマーは稼げないの事実。平均年収は○○万円?!

プログラマーは底辺の仕事で稼げないらしいっていう噂を聞いたけど本当に稼げないの?稼げると思ってたから本当に稼げないのか知りたい。

稼げないという噂のプログラマーの年収は○○万円

プログラマーの平均年収約400万円です。年収400あれば月平均約33万円ですね。

地方であればもう少し安くなる可能性もありますし、首都圏内であればもう少し高くなると思います。一人暮らしでも33万円あれば税金を引かれても十分暮らしていけるだけ稼げると思います。

稼げないプログラマーの見分け方

プログラマーは稼げないと言われている人はどのような環境で働いているのでしょうか。年収が安いプログラマーの一例をご紹介していきます。

多重請負のプログラマー

多重請負のプログラマーはどうしても年収が安くなります。

多重請負とは、A社の仕事をB社、C社、D社を通してやっと自社まで来ているケースを言います。この時に、B社、C社、D社が中間マージンを取っていきます。そして最終的に各会社に利益を取られて残ったのが自社の利益となるのです。

例えば、B社、C社、D社を挟むことによって一月80万の仕事でも50万にもなってしまうことがあります。ここから、会社の経費など引かれて自分の給料になります。

働いても働いても他社に利益を少しずつ摂取されてしまい稼げないプログラマーとなってしまうのです。

単価の安い受託案件プログラマー

単価の安い受託案件のプログラマーも稼げない傾向にあります。

単価が安い受託案件とは様々な条件があります。

  • 平均収入が安い地方からの開発依頼。
  • システム開発の費用を知らず値切ってくる相手からの開発依頼。

などなど…。

安請負をしてしまうと、単価が高い案件が来たときも受けることができず会社は必死に自転車操業するしかなく給与もなかなか上がらず稼げないプログラマーになってしまいます。

高収入なプログラマーを目指すには

利益率が高い自社開発プログラマーに転職する

利益率が高い自社開発をしている企業に転職すると高収入になる可能性があります。

高収入になる理由は以下の通りです。

  • 稼げるノウハウがあるので、いい仕事の仕方を身につけることができる。
  • 利益率が高いと高稼働にならずに良い給与を得ることができる可能性がある。

何よりも、プログラマであれば自宅で開発をしてビジネスを立ち上げることもできます。稼げるノウハウがある企業で働くことはとてもいい経験になると思います。

自社開発の求人案件を探すには転職エージェントなどに登録し、求人があれば連絡してもらうようにしておくのもいいですね。

おすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

上記のような幅広い求人案件を持っているリクルートエージェント、IT分野に特価した案件をもっているレバレジーズテックなどに登録しておくといいですね。60秒で登録できるのでとても簡単です。

フリーランスになって高単価案件を取る

フリーランスになると会社員のように毎月の給与の保障はなくなるのですが高単価の案件を取りやすいです。また、仕事内容も自分で選びやすいため稼げるジャンルにチャレンジしやすいですね。

移り変わりの早いIT業界なのでフットワーク軽く稼ぎやすい案件に移りやすいのは大きなメリットです。

同じ時間働くなら高給与のほうが絶対いいので、まずはフリーランスエージェントで自分の相場を聞いてみるだけでもいいと思います。

初めは案件数も多く良い案件数も多いので大手のフリーランスエージェントに登録して相場を聞いてみることをおすすめします。

どのフリーランスエージェントも登録は無料でスキルを見てまずは相場を出してくれるので、その相場を見て少し検討するのもいいですね。

正社員としてもフリーランスとしても稼ぐためには、稼げる企業と稼げるジャンルでお仕事をすることを意識するのがとても大切です。常に他社で比較することは念頭におきつつお仕事をしていくといいですね。

プログラマのための転職エージェントランキング!