ちょっと待って!プログラマは残業多すぎで辞めたいと思うのはまだ早い!

 

プログラマは残業が多くて辛いから辞めて違う仕事に移りたいと考えている方も多いですよね。異業種に移らなくても改善策はあります。

 

この記事は以下のようなお悩みをお持ちの方の解決に役立ちます。

  • プログラマは残業が多そうでプログラマで稼ぎたいけど不安が大きい。
  • プログラマになったけど残業が多くて辛い。
  • プログラマが辛くて異業種へ逃げたい。
  • などなど

せっかくスキルを身に着けているなら活かせる方法でより効率的に改善していきましょう。

 

私も残業・休日出勤ばかりしていたけど今は毎日定時で退社できて休日もしっかり取れています。

やり方次第で給料も上げながらしっかり休日も取れるので改善していきましょう!

目次

プログラマの残業が多すぎる3つの大きな原因

プログラマの残業が多すぎるには原因は現場で様々ですが多くの現場でもある大きな原因3つにまとめてみました。

プログラマの残業が多すぎる【原因1】雇用形態によって意見が言えない

プログラマの契約形態は複雑です。

社員、業務委託、フリーランス、特定派遣社員、請負などなど…様々な雇用形態の人が共に1つのシステムを作っていることが多いです。

そのため立場上、社員という立場が一番上になりその下にその他の非正規雇用の人がいるようになります。

スケジュール的に無理があっても社員から無茶なスケジュールでの作業指示があってもNOと断れず引き受けてしまう方も多くいます。

これにより結果的に残業をして対応するしかなくなります。

作業指示がある際に見積もりの意見をヒアリングしてくれるかなど契約先の企業選びが大切なポイントになります。

プログラマの残業が多すぎる【原因2】トップダウン経営による無茶なスケジュール

システム開発は簡単にできるだろうと簡単に構えている企業もあります。

そして現場の声を聞かないトップダウン経営の企業は作るシステムを決めると規模など聞かずにまず期限を指定してきます。

  • 無茶な期限設定。
  • システム開発を簡単に考えていることによる仕様考慮漏れ。
  • 仕様考慮漏れによる最後の仕様追加。

上記のような事が起こり最後に炎上案件となるケースが多々あります。

ウォーターフォール開発になるとトップダウン傾向にありアジャイル開発など話し合いながら開発を進めるスタイルの方がトップダウンを回避しやすいです。

プログラマの残業が多すぎる【原因3】ワークフローが正常機能していない

ワークフローが正常機能していない場合、どこかがボトルネックになり残業が増える傾向になります。

例えば以下のケースです。

  1. 実装
  2. テスト
  3. (バグ対応期間がない)
  4. リリース

テストはするけどバグが出ることがワークフローに考慮されていないとバグがでると急いで対応をする必要があります。

これにより残業が発生する流れになります。

正常な考えであれば「バグは絶対発生するもの」との認識なのでテストとリリースの間は余裕を持って考えるべきです。

プログラマの残業が多い企業から逃げるおすすめ2つの方法

プログラマの残業が多い企業体質を変えることは難しいです。

残業が多い企業では働かない方向で考えていきましょう。

プログラマの残業が多い企業から逃げる【方法1】ホワイト企業のプログラマへ転職

1つ目はホワイト企業への転職です。

残業をしないことを前提として仕事をしている企業も最近のIT企業には多い傾向があります。

中小企業より大手企業が残業をしない傾向が強く労働環境も整備されていることが多いです。

転職エージェントを利用し過去入社実績がある企業を選択すると内部の情報なども入手しやすいため、より精度が高い転職をすることができます。

【IT業界に強い転職エージェント】

転職エージェントは得意不得意分野が各企業にあり転職エージェントとの相性も大切人なるため、いくつか登録してみることをおすすめします。

転職エージェントとの相性はとっても大切ですね!

プログラマの残業が多い企業から逃げる【方法2】フリーランスプログラマへ転身

2つ目はフリーランスプログラマになる方法です。

残業が多い企業画から逃げる方法として転職よりは難易度が下がります。

理由としてフリーランスになると合わない企業はすぐ契約を切ることができるからです。

契約内容としてすぐ契約を切られる側ではあるものの、自分自信も合わない場合は契約を切ることが可能です。

前提として契約した期間は守る必要はありますが契約期間が満了すれば継続する必要性もありません。

もし残業が多くなりそうな雰囲気が出てくれば契約を終わらせる方もフリーランスには多くいます。

また転職と同様にフリーランスエージェントを利用すると過去契約してその企業で働いている人の稼働時間などが記録に残っているので残業が多いか少ないかは事前に確認することができます。

それと合わせ企業との面談(顔合わせ)のときに残業があるかハッキリと聞いておくと安心します。

残業について質問するのは戸惑う方もいると思いますがフリーランスは時間を作りたくてフリーランスになっている方も多いため問題ありません。

フリーランスになると関東圏内では年収600万円以上は狙うことができるので生活面でも余裕が出てきますね!

プログラマが残業多すぎでも異業種転職をおすすめしない3つの理由

プログラマが残業が多すぎて異業種に転職をしたいと思う方も多くいますが、おすすめはしません。

プログラマの異業種転職をおすすめしない理由を3つにまとめました。

プログラマの残業多すぎで異業種を勧めない【理由1】給料が下がる可能性が高い

異業種に転職すると1からのスタートになります。

そのため給料ベースが下がる可能性が高いです。

給料ベースが下がり上げていくにはとても時間がかかることでその間生活も我慢が増えることからストレスが別の面で溜まりやすくなります。

前職給料がベースと言っても同業種であることが前提で即戦力の有無も問われるため覚悟が必要です。

プログラマの残業多すぎで異業種を勧めない【理由2】覚える仕事が増える

異業種に行くことで仕事のやり方も変わり覚えることが増えます。

今まで慣れていてさらっとできた仕事も慣れるまで1から覚えて行く必要があるため今までの疲労感以上に疲れてしまいます。

プログラマの残業多すぎで異業種を勧めない【理由3】結果、給料は下がり負荷が増える

プログラマは技術職でデスクワークで室内で仕事ができ平均的にも給料が良い職業に当たります。

異業種に行くことで収入が下がり精神的、体力的な負荷が増えることでモチベーションも下がってしまう可能性が大きいです。

そのため安易に異業種への転職はすすめません。

プログラマの残業が多すぎないホワイト企業を選ぶ3つの基準

プログラマの残業が少ないホワイト企業を選ぶきゅう3つの基準についてまとめてみました。

プログラマの残業多すぎ【ホワイト企業1】大企業で監査などが入っている

まず大企業は規定がしっかりと決まっているためサービス残業が横行しているようなケースは少ないです。

また大企業だと監査などもしっかり入っているため残業が多すぎると指摘を受けます。IT企業は近年残業が多すぎて目をつけられているためなおさら、しっかりと監査が入っています。

中小企業となると技術業務以外の雑務に関しては持ち帰って自宅で仕事をしたりするケースもあり仕事とプライベートの境目があやふやになっているケースも多くあるので注意が必要です。

プログラマの残業多すぎ【ホワイト企業2】残業を減らすよう取り組んでいる

企業で残業をしないような取り組みをしているかもホワイト企業かの判断材料になります。

例えば以下の通りです。

  • 毎日残業を30分以内に抑える。
  • 毎日◯時にはほとんどの人が退社している。

このような具体的な内容があるかないかでは雲泥の差があります。

ノー残業デーはあっても無意味

「毎週水曜日はノー残業デー」と掲げている企業はたくさんあります。

しかしあまり機能していない企業がほとんどです。

もしくは水曜日は定時で帰るから、他の日は残業しようと考える人も多いです。

これでは意味がありません。1日定時退社、他の4日は残業三昧では意味がありませんね。

プログラマの残業多すぎ【ホワイト企業3】面接官の態度が傲慢【絶対NG】

これは絶対避けたい条件です。

面接官の態度が傲慢な企業です。例えば以下のとおりです。

  • 面接時、社内スリッパなどで出てくる。靴を履いていない。
  • タメ口で話してくる。
  • 肘をついている。
  • 上から目線で話してくる。

雇われる立場だから仕方ないかと思いがちかもしれませんが絶対にNGです。

理由はこのような企業はトップダウンの傾向が強くエンジニアの意見をすんなりと聞いてくれる可能性が低いからです。

プログラマという技術職で専門的な話が周りに伝えづらい事も考えると、より同じ目線で話せる相手が職場にいることは大切なことです。

しっかりと面接官の人柄もチェックしていきましょう。

面接するときは緊張して面接官が上から目線でも鈍感になりがちですがしっかりチェックしていきましょう!

【まとめ】プログラマの残業多すぎは上手な企業選び・仕事選びで改善できます!

最後にプログラマはどの企業でも残業が多いというわけではなく、企業選びを間違えなければ毎日定時で帰ることも可能です!

\ホワイト企業を上手に選んでノー残業ライフを送りましょう/

【残業を減らす2つの方法】

    • ホワイト企業へ転職する
    • フリーランスプログラマに転身する

【異業種をおすすめしない3つの理由】

    • 給料が下がる可能性がある
    • 覚える仕事が増える
    • 給料は減り、負荷が増える

【IT業界に強い転職エージェント】

【高単価案件のフリーランスエージェント】

残業が毎日多すぎるとメンタル的にも弱気になりがちですが諦める必要がありません。

ホワイト企業はあるので働きづらい企業で消耗せず職場を上手に変えていきましょう!

生きている貴重な時間をより楽しく過ごせるために上手な企業選び、働き方選びをしていきましょう!