レバテックでマージン料金で何%取られているか知りたいならこの方法がおすすめ!

フリーランスの仕事をレバテックにお願いして探してもらっているけどマージン料金って取られているの?

レバテックのマージン率を知らないデメリット

レバテックで業務委託などの契約をする場合、マージン率を知らないとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

例として、取引先企業A社が100万円レバテックにお金を支払っていたとします。そして、レバテックと契約した業務委託のBさんは70万円を受け取ります。この場合、レバテックでマージンとして30万円が引かれていたことになります。

特に違和感を感じない人も多いと思いますが、取引先企業A社は100万円分の仕事をしてほしいと思っているのですが、業務委託Bさんは70万円分の仕事しかしないと考えてしまいます。

ここで両者の間でぎくしゃくした関係が生まれるケースもよく聞くので、いくらマージンとして取られているのか大まかに理解しておいたほうがいいですね。

マージンが単価の何%取られているか知る方法

前提

レバテックはマージン率について公表していないため、ざっくりとした値をしる方法になります。

他社のフリーランスエージェントに登録する

他社のフリーランスエージェントに登録をしてみましょう。

ここで分かるのは以下の2点です。

  • レバテックより高い単価を提示してきた場合、レバテックがマージンを多く取っている可能性があります。
  • レバテックより安い単価を提示してきた場合、レバテックがマージンを少なく取っている可能性があります。

このような内容が示唆できます。

これだけでも分かると契約先での作業効率をどれだけ上げてやればいいかの目安にもなりますね。

マージンの公表をしていなくておすすめのフリーランスエージェントは以下の企業です。

ギークスジョブをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • 単価が税抜きのため、消費税率アップ時に手取りが増える。
  • 案件紹介が非常に迅速。
  • リモート案件など幅広く扱っている。

このような内容でとても早く対応してくれたり、単価に関しても税抜きなので好印象を受けます。ギークスジョブとレバテックの単価を比較してどちらのマージンが安いか確認するといいですね。

マージン率を公表しているフリーランスエージェントに登録する

最後に、マージンを公表しているフリーランスエージェントに登録をして比較してみるとレバテックのマージンが何%か目安がつきます。

マージンを公表しているフリーランスエージェントは以下がおすすめです。

midworksではマージンが10%-15%と公表しており、企業との契約金も公表しているためレバテックと比較しやすいと思います。

midworksをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 企業との契約金を公開しているため、マージンがはっきりとわかる。
  • 案件紹介が迅速。

契約金、マージンが明確にわかるのは働いていても納得して働くことができますね。

比較してマージンを調べるときの注意点!

他社と比較してレバテックのマージンを調べるときの注意点として、マージンが高いフリーランスエージェントも中にはあるためそのような企業と比較するとうまく比較ができないケースがあります。

マージンをぼったくらないような企業と比較するのがポイントになります。

上手にフリーランスエージェントを使って納得した契約をして気持ちよく仕事をしていきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!