Ruby on Railsプログラマの平均年収と年収アップの簡単おすすめ3つの方法

Ruby on Railsのプログラマの年収はどれくらい?

自分の年収は高いか低いか気になる方も多いですよね。

 

この記事は以下のようなお悩みをお持ちの方の解決に役立ちます。

  • Ruby on Railsを勉強してプログラマになりたいけどどれくらい稼げる?
  • Ruby on Railsのプログラマをしているけど今より収入を簡単に増やしたい。
  • 自分に合った年収の上げ方を知りたい!
  • とにかく収入を増やしたい!!

自分に合った年収の増やし方で精神的や金銭的な負担を少なくもっといい生活を送っていけるように少しずつ変えていきましょう。

 

負担なくリスク低く少しずつ変化を付けて収入を上げていくと楽に稼いでいくことできます!

詳細を見ていきましょう!

Ruby on Railsプログラマの平均年収は600〜840万円【会社員・フリーランス】

Ruby on Railsのプログラマの平均年収をチェックして自分の年収は低いか安いか見ていきましょう。

Ruby on Railsプログラマ【会社員編】平均年収600万

Ruby on Railsプログラマの会社員の平均年収を見ていきましょう。

気になるフリーランスのRubyエンジニアの年収の平均ですが、600万円程度が目安と言われています。

引用:emilee

Ruby on Railsプログラマの会社員の平均は600万円です。

年収600万円を12ヶ月で割ると毎月50万円の給与になります。

Ruby on Railsプログラマ【フリーランス編】平均年収840万

Ruby on Railsプログラマのフリーランスの平均年収を見ていきましょう。

引用:レバテックフリーランス

フリーランスは案件によって差があるのですが上記を参考に月単価70万円として計算をします。

月単価70万円、年収840万円です。

フリーランスの場合はここから交通費やパソコンなどの経費などが差し引かれるため実際の自由なお金はもう少し減額した金額で考慮するといいでしょう。

収入の地域差にも注目

プログラマに限らず首都圏内と地方都市の平均給料を比較すると大きく差があります。

より年収を増やしたい場合は首都圏などへの引っ越しも検討するとより年収を上げやすくなります。

Ruby on Railsプログラマの年収アップするためのおすすめ3つの方法

Ruby on Railsプログラマの年収を上げるためにできるおすすめの方法を3つにまとめました。

Ruby on Rails年収アップ【方法1】副業をして週末起業する(独自サービスを作る)

Ruby on Railsは新規サービスも作りやすいフレームワークです。

副業のアイデアがあれば自分でサービスを作り起業をして稼ぐ方法があります。

収入源としては顧客から利用料金を徴収する、アドセンスなどの広告収入を得るなどがあります。

もし何か作ってもうまく利益が伸びなかったとしても転職など次の仕事探しの際にアピールポイントとなるため無駄にはなりません。

一人でサービスアイデアを出し、コーディング、サーバーの設定までできると評価も大きいため仕事へのアピールポイントにもなりますね!

Ruby on Rails年収アップ【方法2】転職をする

方法2つ目は転職です。

転職をすれば年収は上がるというのはもちろんではありますが行動に移せる方は少ないです。

転職のステップを細分化すると以下のようになります。

  1. 転職エージェントに登録をする。
  2. 転職求人をじっくり見る。
  3. 転職求人にエントリーする。
  4. 転職先企業と面談をする。
  5. 転職を決める。

転職活動すべてを重く捉える必要はなく上記の「5.転職を決める」以外はいつでも後戻りOKなステップです。

仕事をしながら転職活動をしていき気持ちが変わればまたいつもどおり今の仕事を続けていけばいいので重く考えることはありません。

少しずつでいいので年収アップのために前進していきましょう。

【登録しておきたいIT業界に強い転職エージェント】

Ruby on Rails年収アップ【方法3】フリーランスで仕事をする

方法3つ目はフリーランスで仕事をすることです。

フリーランスになるにはリスクがあるとは言われていますが仕事のやり方次第でリスクを下げることもできます。

以下のような条件で働けば比較的安定して収入を得ることができます。

    • 客先常駐で仕事をする。(PC支給などもある)
    • フリーランスエージェントを利用する。(長期参画可能な案件が多い)
    • 140時間以上180時間未満などの契約をする。(数日休暇を取っても減額されない)

フリーランスエージェントで扱う案件はできれば長期で働いて欲しい企業案件を多く扱っているため半年から1年ほどの案件も多数あります。

フリーランスなので絶対ではありませんが比較的リスクを下げながら仕事を受けることが可能です。

1年間で12ヶ月フル稼働するイメージではなく11ヶ月働けば生活できるほどの単価で考えておくと上手にリスク回避をすることができます。

【登録しておきたいIT業界に強いフリーランスエージェント】

金銭的に余裕を持った生活をしていればフリーランスになることも問題ないですね!

Ruby on Railsプログラマ年収は会社員・フリーランスどちらがいい【タイプ別】

Ruby on Railsプログラマで年収を上げるにも会社員とフリーランスとどちらがいいか迷う方も多いと思います。

タイプ別におすすめな方をご紹介いたします。

Ruby on Rails年収【タイプ別1】金銭的に安定した生活を送りたい

金銭的に安定したい方には会社員がおすすめです。

会社員といってもRuby on Railsの平均年収は600万円なので十分な生活ができます。

フリーランスに比べ収入も安定し福利厚生、有休などもあるので病気などのときも安心して生活を送ることができます。

Ruby on Rails年収【タイプ別2】1つのことに向かって仲間と取り組みたい

1つのことに向かって仲間と取り組みたい場合は会社員がおすすめです。

客先常駐のフリーランスでもできないことはありませんが、会社員と客先常駐の非正規雇用では多少は壁があります。

会社員で働き同僚と共にシステムづくりに励むほうが一体感もあり楽しんで仕事をすることができます。

Ruby on Rails年収【タイプ別3】自由に仕事を選びたい

自由に仕事を選びたい場合はフリーランスがおすすめです。

自分に合った仕事を選べることがフリーランスの特権です。

自分に合った仕事を選び、より長期で仕事をやり安定した生活を作ることがフリーランスの仕事でもあるため自由に仕事を選びたい方にはフリーランスをおすすめします。

Ruby on Rails年収【タイプ別4】たまに長期の休みが欲しい

たまに長期の休みが欲しい方にはフリーランスがおすすめです。

フリーランスでは月単位の契約になるため、◯月は1ヶ月休んでゆっくり過ごしたい。など自由に休暇を決めることができます。

収入も下がるためその点は資金管理が必要ですが自由を確保しやすいのが利点です。

お金はあとで作ることはできますが今ある時間は取り戻せないのでフリーランスの大きなメリットですよね!

【まとめ】Ruby on Railsプログラマ年収アップは現状を変えるために行動から!

Ruby on Railsプログラマの年収アップの方法についてまとめてみました。

どれも低リスクでできる方法ばかりなので今すぐ行動することができます。

最後に内容をまとめていきましょう。

Ruby on Railsの平均年収600万以上!簡単に年収を上げることはできる!

【会社員編】

    • 平均年収:600万円
    • 会社員のメリット:安定した収入を得ることができる
    • 会社員のメリット:仲間と1つのことに向かって取り組むことができる
    • 年収を上げるためには、週末起業をする
    • 年収を上げるためには、転職をする

【登録しておきたいIT業界に強い転職エージェント】

 

【フリーランス編】

    • 平均年収:840万円
    • フリーランスのメリット:自由に仕事を選ぶことができる
    • フリーランスのメリット:長期休暇が取りやすい
    • 年収を上げるためには、フリーランスエージェントで自分の市場価値を確認する

【登録しておきたいIT業界に強いフリーランスエージェント】

会社員でもフリーランスでも十分な収入を得ることができるRuby on Railsのプログラマです。

年収を上げるために今の職場を脱して環境を変えてより楽しい人生を作っていきましょう。

金銭的な余裕ができれば心の余裕もできてきます。

負担がない範囲でいいので少しずつ変化を作っていきましょう!