プログラマの強制残業から逃れる有効的な手法をご紹介

プログラマをやっているけど強制的に残業をさせられてうんざりしている。IT業界には向いていないかも。何か脱却できる方法はない?

プログラマは残業強制の確率が高い?

プログラマと言えば毎日深夜まで残業しているイメージを持たれている方も多いと思います。なぜそのような現場ができたのか原因を見ていきましょう。

プログラマの強制残業がある原因

請負開発・受託開発

請負開発や受託開発では仕事を取ってくるために無茶な仕事を取ってくることも時にはあります。また、営業担当者によっては売上を上げるために無茶な案件ばかり取ってくる場合もあります。

そのため、毎日深夜まで残業をしないと仕事が終わらないというケースになることがあります。

国内では請負開発、受託開発が多く割合を占めていることもあり深夜残業をする人が増えてしまうという実態もあります。

請負開発、受託開発の場合、納期も決まっており受注するケースが多いため間に合わない場合でも調整ができずに強制的に残業が発生してしまいます。

納期前

しっかりスケジュールを立てて仕事を開始したとしても、納期前にはサーバー関係でプログラムが上手く動かず残業が発生する可能性もあります。ただ、プログラム作成期間のうちの納期前だけということもあり、納期さえ終わればゆっくり休暇が取れる企業もあるため仕事の業務時間に波があるというケースもあります。

強制的な残業が発生しかねないですが、その後の調整できるかで心の持ちようが変わってくると思います。

プログラマの強制残業が少ない会社

それでは強制残業が少ない企業とはどのような企業でしょうか。

利益率が高い自社サービスを持っている

利益率が高い自社サービスを持っている企業は常に大量のプログラムを生産しなくても、確実に日々の業務で利益を出せるものを作ればいいので強制的に残業をする必要がなくなり残業ゼロで退社することもできます。

自社サービスを持っているというのはシステムの自社資産を持っているため仕事をする上での強みと言えます。

残業が少なくなれば自己啓発に使う時間やプライベートのために使う時間も確保できもっと充実した毎日を送ることができますね。

請負開発、受託開発は稼働が低い企業があってもどうしても他社からの依頼があっての仕事なので、無茶なケースが発生する可能性が高いです。

プログラマの残業が少ない会社の探し方

プログラマの残業が少な企業の傾向はわかったもののどう探せば良いのでしょうか。

残業が少ない知人から話を聞いてみる

残業が少ない知人がいればどのような企業で残業が少ないのか、業務形態や働き方など聞いてみるのもいいと思います。

一人で考えるよりも人から聞く情報は遥かに多く、どんな情報でもいいのでヒアリングをして自分なりに後日整理をしてみると良いですね。

転職エージェントに話を聞いてみる

転職エージェントに聞いてみるのも一つの方法です。転職しないといけないのではないか?と思うかもしれませんが、いい求人があれば求人にエントリーすればいいだけなので、転職の順番を守ってまずは市場調査からはじめて周りから急かされても自分のペースを守りつつ情報収集をすれば大丈夫です。

もし、求人にエントリーしないか、などしつこく言われても自分のペースは必ず守ってエージェントに待ってもらうようお願いすれば大丈夫です。いい転職エージェントサービスであれば待ってもらっている期間が終われば再度声をかけてくれることもあります。

自分がしっかりと納得するよう情報をしっかり固めていきましょう。

おすすめの転職エージェントは、幅広く案件を持っている転職エージェントと専門の案件を持っている転職エージェントがおすすめです。

どちらのほうが感触が良いか見て相性がいい方からより詳しく聞くという方法もいいと思います。まずは、60秒あれば無料登録できるのでできるところからスタートするのがおすすめです。

プログラマでも残業ゼロの企業もたくさんあるので間違った選択をしないよう、しっかり情報収集をしていきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!