「客先常駐で有給休暇が取れないから仕事を辞めたい」で悩んでいます。

客先常駐で仕事をしているけど、有給休暇がなかなか取れない。実家にもなかなか帰れず働くことに意味を感じなくなってきました。どうすれば休みが取れるようになるのでしょうか?

客先常駐で有給休暇が取れないから仕事を辞めたい

客先常駐で有給休暇が取れないのでプライベートが充実できず仕事を辞めたいと思う方へ。まずできる対策から見直していきましょう。

早めのタイミングで休暇の交渉をする

納期やリリース日などが決まってしまう前に有給休暇の取得の交渉をしてみましょう。納期などが決まっていない段階に交渉すると相手もNOといえる材料がなく、休暇取得OKの解答を貰える可能性が大きいでしょう。

現場にもよるのですが、1ヶ月ほど前から交渉すると休暇取得OKをもらえる確立は高いと思います。

休暇を取得するキャラ作りをする

たまに有給休暇取得をすると、いつも休まない人が休むという意味で職場で目立ちます。ただ、毎月1回休むというキャラを確立すれば「この人はこのペースで休む」と認知され休みの交渉がしやすくなります。

いつも残業をする人、遅くまで残っている人が早く退社すると目立つのと同じような感覚ですね。

勇気がいる行為ですが働きやすい環境を作るため少しだけ努力をしてみましょう。

会社間の契約を確認する

会社間の契約を確認してみましょう。いろいろ対策をしても有給休暇の取得ができない場合、会社間の契約で休めないような契約内容になっている可能性もあります。例えば、週に40時間以上働きますというような話になっていた場合、休暇取得が厳しくなる可能性があります。

ただ、そのようなガチガチな労働契約を他社と結んでいる場合、プライベートの充実もできないため転職を考えたほうが吉かもしれません。

どうしても休みが取れない場合は?

上記の対策をしても有給休暇が取得できない場合は、次のステップの対策を打っていきましょう。

上司に相談して常駐先を変えてもらう

客先常駐も客先によっては待遇がガラッと変わるケースもあります。有給休暇が取れず、困っている事情を伝え常駐現場を変更してもらうことも1つの手です。相談しづらいとは思いますが、話して変えていかないとずっと休めないままなので勇気を持って交渉することをおすすめします。

転職して自社開発の仕事に就く

それでも改善しない場合は、転職して自社開発の仕事に就くことも視野に入れていきましょう。自社開発であれば社内でスケジュールの調整ができるため、比較的休みやすい企業が多いです。

1年に1週間リフレッシュ休暇を取得できる企業もあるので仕事もプライベートも充実して仕事をしていく環境を見つけやすいと思います。

IT業界に強いレバレージテックや大手のリクルートエージェントなどに登録をして有給休暇などの福利厚生の実績などを聞きながら進めていくと効率よく良い企業を見つけることができると思います。

まずは、今の環境で有給休暇が取得できないか手を打っていきつつ、それでも肩身が狭い場合は転職などを考えるといいですね。働く上でプライベートの環境はとても大切なので少しずつ取り組んでいきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!