「プログラマは疲れた…辞めたい…」あなたへ5つの対処方

プログラマは疲れた…辞めたい…。もうこれ以上頑張れないし、解決方法も見つからない。

プログラマが疲れる理由

残業が多い

プログラマといえば、残業が多いという方が多いと思います。残業が多いと次の日に疲労を持ち越して休日に疲れを取る、の繰り返しで精神的にも疲れが溜まってくる人も少なくはありません。

また、週の労働時間が多ければ多いほど生産性は下がっていくとの研究結果があります。そのため、残業が多いと疲れることは当たり前なことで避けて行きたいポイントになります。

人間関係が良くない

人間関係が良くないと精神的なダメージが非常に大きいです。また、人間関係が良くない職場でどれだけ努力をしても社内の人の体質は変わらないので努力が実らないケースも多く精神的な疲労だけが溜まってしまうケースが多いです。

人間関係で疲れるたまるケースは何も生産性もなく仕事の効率も下がり残業にもつながるため、できる限り完全に人間関係のストレスは無くしていきたいです。

スキルアップ、勉強が忙しい

スキルアップや勉強に時間が取られプライベートも忙しい。仕事が終わった後に勉強会やスキルアップのために読書などをしたりでプライベートの時間が削られていきがちです。

ただ、スキルアップのためにプライベートの時間を削り睡眠時間などもなくなってしまえば仕事へも悪影響がでるためよくありません。できれば業務中に勉強会を開くような資金に余裕のある企業で働けると良い循環ができます。

疲れへの対処法

睡眠を取る

残業の体力的な疲労、人間関係の精神的な疲労、勉強でインプットした情報の整理のためにも睡眠時間は少しでも増やすようにしていきましょう。

例えば1時間いつもより多く眠るだけでも1日の気分、活動量も全然変わってくると思います。少しの投資で次の日活動的に動けるのでぜひ睡眠時間を作るよう心がけてみてください。

マッサージをする

デスクワークの残業で血行不良になっていると、体の疲労もなかなか取れません。少しでも効率的に疲れを取るためにもマッサージをすることもおすすめです。

また、精神的な疲労にもマッサージは効果的です。お金と時間が必要なものなので頻繁に行くのは厳しいかもしれませんが余裕ができたときはお酒などにお金を使わずマッサージなど健康にいいことにお金を使うのもいい方法です。

旅行に行く

残業も多く、いつも同じ場所で生活をしていると日々の刺激も少なく気持ちも落ち込みがちになります。頻繁に旅行に行けるわけではないと思いますが、たまに連休が取れる際には旅行に行って新しい文化や景色に触れてみるのもいい刺激になります。

友達と話す

身近なことで取り入れやすいことですが、友達と話すということもおすすめです。ネットやSNSがあり日常的に情報を得ることができるのですが、人から得られる情報量はとても多いです。

新しい視点からの考えや励ましの言葉、いろいろと刺激を受けます。

今まで悩んでいたことも自分以外の人の意見を聞くことで新しい発見もあります。また、声を出して話すこともストレス発散にも繋がります。

転職活動をする

最後の手段として、職場を変えるのが一番効果的です。資金がある企業で残業が少なく、人間関係も良好な企業を選ぶことで一気に解消されます。

残業がある中での転職活動は大変かとは思うのですが、今は転職エージェントを使えば自分に合う求人の選定や面接の日程調整までやってくれるのでとても負荷が少なく転職活動を進めることができます。

もし、転職も視野にいれる場合は転職エージェントに登録しておいて話だけ聞くのもいいと思います。

おすすめはリクナビなど他分野に渡ってたくさんの求人を持っている転職エージェントと専門分野のレバレージテックなどに登録して比較してみるのもおすすめです。

まずは、身近なできることから少しずつ取り組んでいきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!