PHPプログラマが残業ゼロで働ける会社の特徴

PHPプログラマで転職をしたいけど残業ゼロの企業を探したい。どのような企業が残業ゼロを実現させているのか特徴を知りたい。そんなあなたへ。

プログラマは残業が必須は大嘘

プログラマは残業が多い、休日出勤が多い職業だと認知されているケースも多いです。これは企業によって千差万別でマイペースに仕事ができて定時で帰ることができる企業もたくさんあります。では、残業が多い企業との違いはなんなのでしょうか。

残業ゼロで帰れる企業の特徴と選び方を見ていきましょう。

残業ゼロ企業の特徴と選び方

自社開発

PHPプログラマの案件には大きく2つの種類があると思います。

  • 他社から請負や受託で仕事を受けるもの
  • 自社製品を開発するもの

残業ゼロの企業を選ぶ場合、自社製品を持っている自社開発を選択したほうがいいです。ポイントは会社の収益をあげるマネタイズになります。

自社開発の仕事は作ったら作った分、会社に資産が残ります。売れるものを作れば、ずっと残業をして開発をする必要がなく定時で帰ることができるようになります。

他社製品を作る請負や受託の場合、作ったら終わりの自転車操業です。ずっと稼働をしていないと利益を得ることができないため、とにかく働かせようとする企業が多いです。

そのため残業ゼロの安定した稼働を希望する場合は自社開発の企業を選択することをおすすめします。

職場でのコミュニケーションが盛ん

職場でのコミュニケーションが盛んな場合、残業が発生しそうな問題が発生した場合アラートを上げやすい環境があると言えます。仕事のこと、プライベートのこと、なんでもいいのでざっくばらんに話ができる環境が職場にあることはポイントになります。

現場の不満やアラートをどれだけ発言しやすい状況があるかで、チームで作業改善ができるかも関わってきます。

飲みニケーション、タバコミュニケーションは不要

飲みニケーションやタバコミュニケーションがいいという人もいるのですが、確かに大切ではありますが常に必要とされるのは問題があります。理由としては、仕事中にコミュニケーションがうまく取れていないから飲みニケーションなどで話をしようとしているケースがあるからです。この場合、早くにアラートや問題点を周りに伝えることができず対応が後手後手になってしまいます。

また、飲みニケーションやタバコミュニケーションは職場の人が限られている閉鎖的な場所でのやり取りになります。一部の人だけ知っていて他の人は知らない、など連携もうまくいかなくなることも考えられ職場の雰囲気は良くないと判断ができるでしょう。

社長、社員のTwitter、FacebookなどのSNSで情報収集

求人票に載っていないような社内の状況などは、TwitterやFacebookなどのSNSもどんどん活用して情報収集をしていきましょう。会社名のアカウントはあると思うのですが、社長、役員などの名前でアカウントがあるケースもありその情報を常に追ってみてどのような価値観の人なのか時間をかけて調査をしておくのもいい方法だと思います。

愚痴が多ければ周りを蹴落とす人の可能性がある、ポジティブなコメントが多ければ明るい方なのかもしれない、などなどいろいろな場面が見えてくると思います。

SNSが全てではないですが参考として見ておくといいと思います。

転職エージェントから情報収集

SNSと掛け合わせてやったほうがいいのは転職エージェントからの情報収集です。転職エージェントは過去その企業に就職した人の状況などを知っているケースもあり、リアルな現場の声を聞くこともできます。そのため、実際の職場の稼働状況や雰囲気を聞いておくことをおすすめします。

登録が無料の転職エージェントもたくさんあるので、自分に合ったエージェントを数社見つけておくことをおすすめします。

何も登録していない場合は、大手エージェントが案件数も情報量も多いのでおすすめです。

対策を打ってPHPプログラマでも残業ゼロの企業で働けるようリサーチに取り組んでいきましょう!

プログラマのための転職エージェントランキング!